« ボストン美術館展 | トップページ | 手すさび »

2010年4月27日 (火)

この映画を観ました~「アリス・イン・ワンダーランド」

アリス・イン・ワンダーランド」を観て来ました(^○^)。

この映画は、うさみが見に行ったシネコンでは、3D字幕版、3D日本語吹替版、2D字幕版、2D日本語吹替版と4種類が上映されています。
うさみが観たのは、2D字幕版です。
オリジナルの俳優さんの声が聞きたい派なので、映画は何語だろうが字幕版と決めてます。3Dは専用眼鏡が邪魔になりそうですし、途中で気分が悪くならないか心配で集中出来なさそうで、まだ映画館で3D映画を観たことがありません(^^ゞ。

でも今、主流は3Dに傾いているようですね、映画館としてはその方が高いお金を取れますし・・・。3Dばかりになったら困るなあ・・・。

20100427_p1050407

映画は、「不思議の国のアリス」から13年後、19歳になったアリスが主人公です(*^_^*)。
「不思議の国」のラストは、いわゆる”夢オチ”で、今までの不可思議な物語は全てアリスの夢でした、ですが、映画では、実は夢ではなく、不思議の国は実在していてアリスの再訪を待っていた、という設定になっています。


~以下、ちょっぴりネタばれありです。~

これから映画をご覧になる方には、既存のアリスの物語と比較したり、細かい設定を気にしたりせず、ただひたすら映像を楽しんで、とお勧めします(^○^)。

20100427_p1050410不思議の国の情景や、登場するキャラクターたちの映像は、素晴らしく見事です。
俳優さんの実写とCGとアニメと、いろんな方法がミックスされているそうですが、何の違和感も継ぎ目も感じずに、世界に溶け込めます(*^。^*)。

特にすごいと思ったのは、アリスが薬を飲んで、体が縮んだり大きくなったりするのですが、今はどのくらいのサイズなのかが、とてもわかりやすく描かれていたところでした。他のキャラクターと触れ合う時の差ですとか、まわりの家具に対する大きさですとかで、それまでとアリスは同じように行動していても、今は本当のサイズより大きいんだなとわかるようになっていました。20100427_p1050413

ちょっとずつヘンで可笑しいキャラクターたちは、みんな愛嬌たっぷり(^○^)。
うさみは、うさぎキャラ好きで、ディズニー映画のアリスでは白うさぎのファンですが、この映画ではチェシャ猫の勝ちでした(^^ゞ。
煙の中から現れたり、ふっと消えては違う場所に移動したり、くるりんと回ったりの動きが素敵ですし、毛色も全身グレーかと思うと実はグレーと緑のシマシマなのも可愛らしかったです(≧∇≦)。傍観者のように見せかけておいて、いいところで大活躍するオイシイ役どころでもありました。

アリスはブルーのワンピース、というのが定番イメージで、この映画のアリスも最初はブルーのクラシックなワンピースで出て来ます。女優さんがまた青が似合う人なんですよね~。
20100427_p1050408その後、何度か衣装が変わり、赤の女王の城での赤と黒のトランプっぽいドレスも可愛いです。ラストシーンの、ラベンダーブルーのコートドレスがうさみは一番好きです(*^_^*)。自立したアリスの強さと、不思議の国との絆を忘れない心の深さが表れているような気がします。

|

« ボストン美術館展 | トップページ | 手すさび »

コメント

うさみさんアリスの映画見に行かれたんですね。この映画の事も前に書いて下さり大人のアリスって……面白そうって思っていました。子供のころはアニメで見ましたが子供心にアリスって不思議だなぁ〜ってタイトル通りですよね(^_^;)アニメでもアリスのあの衣装が凄く可愛くて憧れていましたo(^-^)o実写とCG…色々と素晴らしく撮られているんでしょうね。2D字幕版ってあるんですね。どのバージョンも凄く見応えありそうですね。
あ〜映画…もう一年以上も見に行ってないです(:_;)

投稿: ケアベア | 2010年4月27日 (火) 22時10分

私も先日3Dで見てきました。普段メガネをかけているので、その上から3D用の眼鏡をつけたのですが、顔に合わなくて、ずっと押さえていました(^-^;うさみさんの言われるとおり、チェシャ猫の動きが自由自在で楽しかったです。ファンタジーには3Dはいいかもしれません。女王様の大きな頭が滑稽で、笑ってしまいました。

投稿: ラル | 2010年4月28日 (水) 23時19分

 2Dで 普通にみました。
 久しぶりの映画 とても面白かったです。
 ブルーが 基本でしたね。
 お相手の 結婚を申し込む俳優
 どこかで見たような気がしますが
 おもいだせません。最後の コート
 よかったです。
 小さな 顔の大きい女王も 監督を助け  大好きな
 アン・ハサウエーもかわいらしく
 あの手を 真似してみました。

投稿: 小紋 | 2010年4月29日 (木) 11時09分

>ケアベアさん
最近はほんとに映画がすぐDVD化されるので、どうしても映画館で見なきゃというのも減ってきましたね(^^ゞ。私も昔より映画館に行く回数がグッと減りました。

>ラルさん
3Dでご覧になったんですね~。3Dのチェシャ猫はすごいでしょうね(^○^)。ぱっと出て来るところとか、ちょっと見たいです。
あの女王様の頭はスゴイですね、重くないんでしょうか(^^ゞ。

>小紋さん
婚約者役の俳優さんはイギリス人で、「ゴスフォードパーク」「キンキーブーツ」「ジェイン・オースティン秘められた恋」なんかに出ていたそうです。白い女王のあの動きは、わざとらしくて笑えました(^○^)。

投稿: うさみ | 2010年4月29日 (木) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/48199687

この記事へのトラックバック一覧です: この映画を観ました~「アリス・イン・ワンダーランド」:

» 『アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト「アリス・イン・ワンダーランド」□監督 ティム・バートン □脚本 リンダ・ウールヴァートン □原作 ルイス・キャロル □キャスト ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ■鑑賞日 4月22日(木)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ティム・バートンは日本のコントが好きで、密かに志村けんのバカ殿がきっと好きなんだと思う(笑) それは、ジョニー・デップの白... [続きを読む]

受信: 2010年4月30日 (金) 08時32分

« ボストン美術館展 | トップページ | 手すさび »