« 「マネとモダン・パリ」 | トップページ | 犬との暮らし »

2010年5月19日 (水)

本物の匂い

先日バラ園で、芳香を放つバラの花に鼻を近づけて、

20100517_p1050816「いい匂~い!バラの香水の匂いとおんなじ~!」
と喜んでいた大学生くらいの娘さんがいました(-_-;)。

・・・それはでしょ!?バラの香水はバラの花に近づけようと作ったものなんだから、バラに対する褒め言葉にもならないし・・・語彙が少ないにしても、もうちょっと何か表現方法がないのかしら~(@_@;)。

その記憶がまだ新しいうちに、NHKで最近の匂いビジネスに関する番組を見ました。

”匂い”ー嗅覚に訴えるビジネスが新しいビジネスチャンスを生んでいるという番組の中で、子供たちに本物と人工の匂いを比べさせる「におい授業」をやっていました。

チューリップの花とイチゴの実、それぞれ本物と、人工的に作った香りを嗅がせて、どちらがいい匂い、美味しそうな匂いだと思うかと答えさせると、人工の香りを選ぶ子の方が圧倒的に多かったのですΣ( ̄ロ ̄lll)。

授業を担当していた大学の先生によると、今の子供たちは本物の香りよりも、人工の香りに触れる機会の方が多くなっていて、初めて嗅いだ匂いを「いい」とはなかなか思えないものだそうです。
自然の香りは、花の香りにしても様々な分子が複雑に混じり合って出来ていますが、同じ花の香りを人工的に作るには、その中の特徴的な香りを取り出していて、単純でわかりやすいのだとか。

あのバラ園で見かけた娘さんも、今まで本物のバラの匂いをあんまり嗅いだことがなかったのかもしれません・・・(*_*;。20100517_p1050823
うさみ的には、いくら高価な香水でも、バラの本物の香りにはかなわないと思うのですが・・・。香水は香水で好きですし、集めていたりもしますが、自然の香りはまた違う魅力があるのです(*^。^*)。

どちらが本物で作り物なのか、わからない人が増えてしまったら、いつの間にか本物の香りが無くなってしまうかもしれません。
ちいさい子たちが出来るだけたくさんの自然の匂いに触れて、匂いの記憶を増やしていってくれますように・・・。

|

« 「マネとモダン・パリ」 | トップページ | 犬との暮らし »

コメント

本物の匂いと人工的な匂い……バラの花に限らず本物の花と同じ香りを再現するのって不可能ですよね。人工的な香りは、やっぱり人工的でキツめで下品って感じに作られていますよね。自然の香りは「ほのかな香り」って感じで上品ですよね。限りなく自然な香りが可能ならば私はカサブランカのユリの花と、くちなしの花の香りの本物と同じ物が欲しいです。一年中、あの香りが、お部屋に充満していたら……幸せ〜(^O^)

投稿: ケアベア | 2010年5月22日 (土) 07時41分

>ケアベアさん
くちなしの花の香りは私も大好きです(^○^)。くちなし、ガーデニア、という名前の香水はいくつか持っていますが、やっぱり本物と同じというわけにはいきませんね(^^ゞ。

投稿: うさみ | 2010年5月22日 (土) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/48417743

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の匂い:

« 「マネとモダン・パリ」 | トップページ | 犬との暮らし »