« 本物の匂い | トップページ | 凝りの原因 »

2010年5月20日 (木)

犬との暮らし

近藤史恵さんの新刊文庫「ふたつめの月」、表紙も松尾たいこさん画のわんこのイラストですが、中身にもわんことの日常が描かれています(^○^)。



主人公久里子さんの家には、保健所からもらわれた2匹のミックス犬がいます。名前はアントモ、お家に来た日が、それぞれ大安と友引だったから(#^.^#)。

ちょっと長い引用ですが・・・

犬と暮らすようになってから、季節の変化に敏感になったような気がする。
何時くらいに日が落ちるかなんて、昔は気にしたことなかった。暗くたって、街灯がついているし、別に困ることはない。
だけど、やはり犬を連れて歩くには明るい方がいい。暗いと、彼らの落し物も拾いにくいし、無灯火で飛び出してくる自転車もあって神経質にならざるをえない。
気温や生えている草花についてもそうだ。・・・略・・・
そして春には、アンの柔らかい飾り毛に、桜が散ったあとの顎がまとわりつく。それがカラスノエンドウに変わると夏も近くなり、その後は枯葉に変わっていく。・・・略・・・
歩きながら、二匹はときどき振り返る。そのときの顔があまりにもうれしげだから、久里子もつい笑顔になる。久里子が笑うと、二匹はまた振り返る。まるで、久里子の笑っている顔を確かめようとするるように。
悲しい気持ちが少しずつ溶かされていくようだった。犬の幸せは、きっと好きな人と一緒にいられることと散歩ができること、お腹が空いていないことで、ほとんど占められている。それを思うと、人間は欲張りだ。


まさしくこの文章の通り!です。20100518_p1050866
わんことお散歩すると、わんこの目線、わんこの歩くテンポで街を眺めることになって、それまで気付かなかったあれこれに気付かされるのです(*^。^*)。

そして、お散歩していると、わんこって飼い主さんを振り返るんですよね~(^○^)!

我が家の愛犬も、得意気に人を先導して歩くのが好きですが、必ず何度も後ろを振り返ります。人間が複数いる時は、リードを持っている人だけでなく、他のメンバーがちゃんと着いて来ているか、目を合わせて確認します。自転車の前カゴにのせている時も、時折後ろを振り返ります。
お散歩楽しいよね?と聞いているんでしょうか(* ̄ー ̄*)。

そして、ここの文章もズーンと来ました(^○^)。

犬を飼いはじめた最初の頃は、こんなふうに犬に話しかけてしまう自分を子供っぽいと思った。実際、話しかけながら歩いていると、馬鹿にしたような表情で笑う人もいた。
だけど、数ヶ月経ったとき、久里子は気づいた。
アンもトモも、久里子の言うことを少しずつ理解している。オテやフセやマテなどというコマンドとは別に、人のことばを解しはじめている。
それは本当に穏やかでささやかな理解で、ときどきまったく逆の勘違いをしたり、わからなくて首を傾けて考え込んだりしているけれど、それでもいくつかの言葉は彼らの小さな頭の中にしっかりと刻み込まれていた。・・・略・・・
話しかけなければ、犬がそれを理解することはない。
まるで、それは何万粒にひとつ芽吹く種のようだ、と久里子は思う。ほとんどの種はそのまま眠ったままかもしれない。種を蒔かなければ、芽はひとつも出ないのだ。


そうそう、わんこに話しかけるなんてアブナイ人っぽいかなあと最初は思っていたものですが、わんこも人語を解するんです。名詞以外は理解したかどうか、確かめるのは難しいで20100502_p1050535 すが、何となく通じるものがあると思います。

前にわんこオーナーさんのブログで、自分が精神的に落ち込んでいる時には、愛犬は慰めるような行動をしてくれるけれど、肉体的に不調な時はお構いなく散歩やご飯を要求してくる、と書かれていました。
ああ、うちもそういうところあるなあ~と思ったものです(^^ゞ。
これこれこういうことがあってね、こうなんだよ、と愛犬に愚痴り、つぶらな眼で見返してもらうと、ちょっと浮上します。ふこふこの毛を撫で回していると、ま、いっか~と思えたりするのです。

この本「ふたつめの月」は、「賢者はベンチで思索する」の続編です。こちらでもアンとトモは活躍しています。

|

« 本物の匂い | トップページ | 凝りの原因 »

コメント

ワン子は人の話を聞いているから、悪口をいうなと言いますよね。
こちらの不調を敏感に感じ取りますから、
気をつけねばと思うことが多々あります。

ぷりもカートでのお散歩になっておりますが、声をかけると、耳をピンとして反応しておりますよ。やはり~時々振り返って私のことを確かめております。

おうじちゃんの先導でのお散歩、癒されますね。可愛い~~。

投稿: ぷりちゃん | 2010年5月21日 (金) 23時33分

わんちゃんが後を振り向き、お散歩されているのを見ると、ほのぼのしてしまいますo(^-^)o飼い主さんを思う気持ちが、とても可愛いですね(^O^)
わんちゃんは人間の気持ちが解るって凄いですよね。精神的に参っている時に慰めてくれるって癒されますよね。でも肉体的には気付いてくれないのは寂しいですね。

投稿: ケアベア | 2010年5月22日 (土) 07時58分

>ぷりちゃんさん
家族の人間関係なども、わんこにはわかっているようですよね。癒されるばかりでなく、癒してあげられたらいいなあとは思います。いろんな障害物を取り除いてあげたくはあるのですが、雷も大風も、宅配便のお兄さんもどうしようもないですよね・・・(^^ゞ。

>ケアベアさん
お散歩中に振り返るのは、どこのわんこもやるみたいですね(#^.^#)。わんこの習性なのでしょうか。
肉体的に辛いとき・・・本当に重大な病気だったら気遣ってくれるのかもしれません(^^ゞ。

投稿: うさみ | 2010年5月22日 (土) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/48418126

この記事へのトラックバック一覧です: 犬との暮らし:

« 本物の匂い | トップページ | 凝りの原因 »