« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

懐かしい言葉、覚えた言葉

人生が長くなるに連れて、知っている言葉も増えて行きますが、使わないと、自動的に脳の奥にしまわれます。それでもすっかり消えてしまうのではなく、久しぶりに出会うと、また奥から出て来てくれるんですね、不思議です(^○^)。

村上たかしのほんまかいな見聞録」という大阪人の漫画家さんが描いた大阪見聞録コミックで、そんな懐かしい言葉に再会しました(^^ゞ。



いわく、
大阪のオバちゃんは、夏は家の中ではシミーズいっちょう、外に出る時は、健康センターのムームーみたいな服、”アッパッパー”を着ている、アッパッパーってなんやねん。

アッパッパ、懐かしい~!もうずっと聞くことすらなかった言葉です~。
関西から使われだした言葉だと辞書にはありましたが、新潟県人のうさみの祖母もよく使ってました~(*^。^*)!語源はup a partsとかupper partsとからしいです。
最近でも、ストンとラクに着られる夏用ワンピースは売ってますが、アッパッパとは呼んでいませんよね?オシャレ感が薄いからでしょうか(^^ゞ?

最近、新しく覚えた言葉もあります(^○^)。
和田はつ子さんの時代小説「おとぎ菓子」に出てきた「居職」と「出職」。



大食いは、「出職」なら豪快で活きがいいが、「居職」の指物師ではそうもいかないと。

へえ、外に出て働く「出職」に、居座って働く「居職」かあ。勤め人のデスクワーク、なんて言うより格好いいなあ、と思いましたが、調べたら実はちょっと意味が違うのでした(^^ゞ。
「居職」さんは居座って働く、という意味ではなくて、自分の家に居る、自宅で働くか、家の外で働くか、っていう区別だったのでした。
でもこの言葉が気に入ったので、うさみは現代版「居職」と名乗ろうかと思っています(^^♪。

そしてつい最近、恥ずかしながら、やっと意味がわかった言葉があります(^_^;)。

しばらく前、少女漫画のあるコマに、「ドヤ顔!」という書き文字があったのですが、うさみには何のことかわかりませんでした(-_-;)。
・・・ドヤはドヤ街のドヤ?(・・? でも、クールでハンサムな主人公のアップに、ドヤ街がどういう関係が・・・?

と、不思議に思ったのをその後忘れていましたが、ワールドカップの特集番組で、芸人さんが「ドヤ顔や~!」と言うのを聞き、ドヤは”どうや!?”だったのか~!と理解したのでした(^^ゞ。言われてみれば、件の漫画は、得意げな表情でした(^_^;)。

耳で聞いていればすぐわかったのかもしれませんが、文字だと全然想像もつきませんでした・・・。
古い言葉も新しい言葉も、ひとの暮らしから生まれる言葉って面白いものですね~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

アウトドア派とインドア派

新しい職場で同じ部署に働くお一人から、うさみの乗降駅を尋ねられ、偶然にも彼女が同じ駅にお住まいだとわかりました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ。

住所的には、線路を挟んで右と左なのですが、そんなに大きな町ではありませんから、今までどこかですれ違っていたことがあるかもしれません(^^ゞ。20100626_p1060316

「え~、じゃあ、うさみさん、○○(焼肉屋)知ってます?○○(ケーキ屋)は?」
「どっちも知ってます(^_^;)。ケーキはたまに買います。美味しいですよね。」
「わ~、そっか~、もし休日に地元で私を見かけても、びっくりしないで下さいね!全然会社と違う小汚い格好なんで・・・(;´▽`A``。」

休日の地元って、気を抜いて歩いてますものね、あまり親しくない職場の人と出会ったらお互い気まずいことありますよね。

でも、その後、休みの日に何をしているかという話になり、これなら同じ町に住んでいてもめったに会わなそうだわ、と思いました(^○^)。

彼女は、外せない用事がある時以外の週末は、千葉の海に浮かんでいる(ボディボードで)んだそうです。健康的な小麦色のお肌は、生まれつきではなくて、海焼けだったんですね・・・(^^ゞ。全身くまなく綺麗に小麦色なので、相当年季の入ったアウトドア派でいらっしゃるようです。

かたやうさみは、インドアな趣味しかございません(-_-;)。昔から、スポーツ全般が不得意で、中でも外でプレイする激しいスポーツは、考えただけでめまいがしそうです。
愛犬の散歩花めぐりで戸外には出ますが、運動とは呼べませんし・・・。

彼女が千葉の波を楽しむ好天の昼間、うさみは地元で愛犬の散歩をしたり、買物したりしています。雨が降って彼女が地元のショッピングモールに繰り出すような日は、うさみは家でうだうだしていることが多いです(^^ゞ。
同じ町に、出没時間をずらして共生している、という感じですね(*^m^)。

うさみと愛犬がよく行くドッグカフェ、彼女はいつも外から眺めて一度入ってみたいと思っ 20100525_p1050927 ていたんだそうです。犬連れでなくても入れるカフェですが、彼女は猫オーナーさんなので(=^・・^=)、躊躇していたらしいです。
中はどうなってるの(普通のカフェですよ。)、お客の犬同士で喧嘩したりしないの(しないですね。気に入って追いかけられることはありますけど(^^ゞ)、猫を連れて行ける店もあるといいなあ・・・だそうです。

唯一、アウトドア派な彼女とニアミスがありそうなのは、某餃子屋さん(^^ゞです。
彼女、土曜日の夜はほぼ毎週、旦那様とそこで餃子を食べつつビールを飲んでいるんだそうです。そこのお店は、駅からうさみ家に自転車で帰る途中にあり、よく通ります。たまに持ち帰りの餃子を買うこともあります。
今度通ったら、店の横からこっそりのぞいてみようっと(^○^)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

ユトリロ展

新宿の損保ジャパン東郷青児美術館で開催中の「モーリス・ユトリロ展 ーパリを愛した孤独な画家ー」を見て来ました(#^.^#)。

20100626_p1060318

ユトリロには、パリのモンマルトルを描いた白の画家、というイメージがあるだけで、どんな人生を送った画家かほとんど知りませんでした。

美貌のモデル・画家の母から私生児として生まれ、若くしてアルコール依存症となり、母と自分より若い義父に管理され・・・白を愛したのも、幼い頃忙しい母に構ってもらえず部屋でひとり遊びしていた漆喰の色だから・・・。20100626_p1060319

展示された絵は、どれも日本初公開なのだそうで、ほとんどが風景画です。
ユトリロの画家人生にそって、絵のスタイルが変わった時期ごとに展示されています。「白の時代」が有名ですが、鮮やかな色彩を用いた時代もあったんですね。

街以外の景色も描いていますが、いいなと思う絵は、街、それも曲がり角から道路の向こう側を描いた絵でした。
細い路地の向こうに、教会の尖塔や建物が垣間見えます。道路には歩いている人物もいますが、どの絵も、画家本人は、絵の中にいないのです。愛した街を描いているはずなのに、画家の心とはどこか切り離されたところに街があるような感じ・・・それが孤独感20100626_p1060320 なのかもしれません。

ユトリロの展示の後、常設展のゴッホ「ひまわり」を見て、それをひしひしと感じました。「ひまわり」が発している強烈な感情、情熱は、ユトリロの描いたパリの街とは対極のものでした。画家の作品との向き合い方の違いなのでしょう。

会期終了が近いので、会場はだいぶ混雑していました。ご年配の方が多く、芸術のパリ、に強い憧れをお持ちだった世代がユトリロファンなのかな、と思いました(*^。^*)。

帰りにちょっとだけのつもりで、モード学園コクーンタワーのブックファーストに寄ったら、1000坪90万冊の品揃えに魅了されて、ぐるぐる歩き回って本を買い漁ってしまいました(^_^;)。普段行かない大きな本屋さんって麻薬のような魅力があります・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

ふわふわふかふか

うさみ家のすぐそばに、合歓(ねむ)の木があります(*^。^*)。
大きな木で見事な花がつくのですが、葉っぱと花の位置が視線より上なため、花が咲いたことになかなか気がつきません(^^ゞ。

赤い毛玉のような花が落ちて来ると、あれっ、合歓いつの間に咲いてたんだろ!と毎年思うのでした(^○^)。

20100625_p1060313 20100625_p1060314

花のふわふわ丸いおしべが、眠たそうで、夜が似合う花だなとうさみ的には思っていますが、名前の由来は、葉が夜閉じて垂れるからなんだそうですね。

合歓の花は、見かけがふわふわなだけで、触って気持ちいいものでもありませんが、触れると癒される、うさみの大好きなハーブがこれです!

20100615_p1060271 20100615_p1060272
 
写真では花の時期はちょっと過ぎちゃっていますが、花より葉が重要なのです、このラムズ・イヤーは(*≧m≦*)!

ラムズ・イヤー(lamb's ear)、仔羊の耳、シソ科で南西アジア出身だそうです。
うさみは初めてハーブ園でこれを見た時、細かい毛がいっぱいな葉の触感が赤ちゃんヒツジの耳みたいにふわふわだからついた名前なんだな、と勝手に納得していまし20100617_p1060282たが(^^ゞ、葉の形が仔羊の耳に似ているからだそうです。先が反り返ったところが、耳形ですね~。

でも、きっと触った感じも似ているんじゃないかしら~(^^ゞ?
葉っぱに触ると、ふわっふわっで厚みがあって、心から癒されます。
仔羊の耳に触った事はありませんが、ストレートヘアの愛犬の耳もまあまあ肌触りがよいのです。巻き毛が密集している仔羊ちゃんは、もっとふかふかふこふこしていると想像します。

ラムズ・イヤーの和名は、ワタチョロギというのだそうです。綿千代呂木。
意味はよくわからないながらも、雰囲気的に、やはりふわふわもこもこ系です(^○^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

ワールドカップまっさかり

ワールドカップ予選リーグも終盤戦となり、サッカーファンはヒートアップして来ました(^○^)。

今日の街中や会社で、耳にした会話(*^。^*)
「今日は早く寝ないと!」「徹夜した方がいいんじゃ?」20100606_p1060196
「3時半に起きられるか不安( ̄Д ̄;;。」
「試合終わって、寝なおすには遅いし、すぐ出社するには早いし、どうしよう~(@_@;)。」

日本の決勝トーナメントがかかったデンマーク戦、日本時間朝の3時半キックオフというやっかいな時間帯のため、生でテレビ観戦する人は少ないだろうと思っていましたが、この分だと結構な日本人が早起きしてテレビの前に座りそうですね(^^ゞ。

うさみは後半くらいに起きられたら見ようかなあと思っています。

ところで、うさみはツイッターを始めました(^○^)。
ユーザー名はnohohonusami(ノホホンウサミ)です、ツイッターやっている方いらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いします<m(__)m>。

ブログを書く余裕のない時でも、140文字つぶやくくらい出来るだろう、と思って登録してみましたが、ツイッター、想定外に面白いです(≧∇≦)。
20100613_p1060264
140文字ってすごく短い気がしていましたが、書いてみると割と書けます。
ブログは自分のサイトまでわざわざ来て読んで下さると思うと、実もオチも癒しも情報も何もない記事だと申し訳ないなあと思います(^_^;)。でもツイッターは、気になる人を”フォロー”すると、その人のつぶやきが自分のページで読めるので、読みに来てくれるという手間を気にしなくてすみますし、自分が読む時も簡単ですね。

今日ツイッターで拾って気に入ったワールドカップ関連の話題(^○^)。
イギリスのブックメーカー(賭け屋)さんが、今回のワールドカップで大儲け、だそうです。(日本の何とか賭博と違って、免許が必要な合法商売なんですよ、競馬にスポーツだけじゃなく選挙とか芸能人の離婚とか、ありとあらゆることが賭けの対象になるそうです。)

今回の大会は、ヨーロッパの強豪国が予想外の相手に負ける試合が続きましたものね~、万馬券が続いて出たみたいな感じでしょうか(^^ゞ。
それでもイングランドが予選敗退しちゃうと、以後の試合に賭ける人が減ってしまうので心配されていたようですが、何とか残ってよかったですね~(*^。^*)。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2010年6月23日 (水)

またリプトンのおまけ(^^ゞ

うさみの心をくすぐるおまけシリーズが、また、リプトンリモーネのペットボトルについています(^^ゞ。

今週から出回っているのは、リプトンとアクセサリーブランドのアビステAbiste)とのコラボで、”フルーツアクセサリー”(^○^)。20100623_p1060309

アビステのアクセサリーって、可愛いのにチャチな感じはしなくて、お値段もそんなにお高くない、というイメージがあります(#^.^#)。
うさみの持っているなかでは、ハリネズミのピンブローチがアビステ製です。

フルーツアクセサリーは、レモンチェリーパパイヤアップルブドウストロベリー洋ナシミックスベリーの8種類だそうです。

フルーツ部分が色石風で、キラキララインストーンが1個アクセントについていて、ヘタやハッパ部分がシルバーまたはゴールド風です(ペットボトルのオマケなので、本物の石やシルバーじゃなくて、”風”です)。

キャンペーンサイトを見て、ストロベリーかレモンがいいな、と目をつけていました。
朝、駅のコンビニで、たくさんあるリモーネに2本だけオマケ付発見!うち1本がレモン付で20100623_p1060306 した~\(^o^)/。
帰りは違うコンビニで、ストロベリーとパパイヤをゲット(^○^)。
パパイヤは、石が珊瑚風で可愛いのですが、リアルな種がちょっと不気味(^^ゞ。

あとはアップルがあるといいかな~(* ̄ー ̄*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

父の日に箱

全国的に父の日です(^○^)。

今年の父の日プレゼントは、手作りで行こう♪と、ブツはお仕事再開前に作っておきました。

子供の頃から、同性の母へのプレゼント候補はいくらでも思いつくのですが、父の日プレゼントは悩みの種でした(^^ゞ。
子供だと、ネクタイやワイシャツはお高くて買えませんし、酒飲みだからってビール瓶1本(昔は缶ビールがなくて瓶で飲んでました。)というのも形がつきませんし、ゴルフボールとか靴下くらいが無難なところでした。大人になってからは、メロン等の果物が多いでしょうか。

今年のプレゼントは、カルトナージュで作った箱です(^○^)。
CD収納ボックス用のキットで作りました。

20100620_p1060301 20100620_p1060302

フタがあく四角い箱は、CDでなくても、手紙やらちょっとしたものを入れるのに便利かなと思います。

これ、前に自分用の1個めをワンデイレッスンで作りました。

20100620_p1060305

フタに窓をあけて好きなカードなどを見せるようになっています。うさみの箱は、アリスの白うさぎカードを入れました(#^.^#)。まわりは白うさぎが映える赤にし20100620_p1060303ています。

父の日用は、バードウォッチングが趣味の父に合わせて鳥柄の紙を使い、フタの窓には同じ紙をのぞかせて、鳥模様の外国古切手をはってみました。

窓に入れたものは、差し替えが出来ない構造です。
差し替え可能にするには、フタが厚くなって工程が増えてしまうんだそうです。今度は愛犬の写真を入れて作ってみようかな( ̄▽ ̄)。

全く同じ形ですが、色柄が違うと雰囲気が違いますね(*^_^*)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

甘くてしょっぱいおやつ

花畑牧場生キャラメルが依然として大人気のようですね(#^.^#)。

うさみは、歯の詰め物が取れるんじゃないかと心配で、キャラメルを口にしなくなって久しく(^^ゞ、妹すまっぺが花畑牧場の生キャラメルをお取り寄せして、美味しい美味しいと感動していた時も、分けてもらいませんでした。
甘くて苦いキャラメル味、は今でも大好きなので、キャラメル味のアイスクリームやマカロンなら食べています(* ̄ー ̄*)。

どこかの雑誌で、生キャラメルをポテトチップスにしみこませた新商品「花畑牧場 天使のポテト」が出るという記事を読みました。
20100618_p1060286ポテトチップス大好き人間として、これは食べなくては、でも、直営店とオンラインストアのみの販売なのか、面倒だな~と思っていたところ、今度の仕事場のすぐそばに直営店を発見!金曜の昼休みに走って行って、週末のお楽しみに買って来ました(^○^)。

生キャラメル」と「生キャラメルチョコレート」の2種類があり、各々試食が出来ました。
「生キャラメルチョコレート」だと、ロイズのポテトチップチョコレート(以前これについて、食べてみたいと書いていました。その後、ブログでは触れていませんが、通販で買って食べました(^○^)。しょっぱくて甘くて美味しかったです(*^_^*)。)と似ているし、よりキャラメルっぽい味の生キャラメルにしました。

ポテチにかかっている生キャラメルソースは、甘くて美味しゅうございました(#^.^#)。20100618_p1060291
でも、ポテチ<生キャラメル、という味構成なので、ポテチ好きには、もう少しポテチが自己主張していてもよかったな~と思いました(^^ゞ。
甘さとしょっぱさのバランスの取り方、チョコに合うポテチの固さ具合が微妙なんですよね。季節的にも、部屋においておくとチョコがとけてべたべたくっついてしまう今の時期は、チョコポテチ向きではないのかもしれません。

ロイズさんでもキャラメル味のポテトチップチョコレートが発売されたそうなので、涼しくなったらそちらも試してみようかな(^○^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

車内化粧族

朝夕、満員電車での通勤は”痛勤”でもありますが、綺麗なお姉さんウォッチングやファッションチェックをするのに絶好の機会でもあります(^○^)。

あの服が可愛いとか、いい色だなとか、そのトップスとそのスカートは合わないんじゃと20100619_p1060299 か、そのキラキラデコ携帯すごーいとか、勝手にあれこれ楽しませていただいてます(^^ゞ。

通勤初日には、久しぶりに車内化粧族にも遭遇しました(^^ゞ。

東京メトロがマナーポスターで「車内でのお化粧はご遠慮下さい」というキャンペーンをしていましたが(2009年版2008年版)、やはり今でもなくならないのですねえ・・・。(黄色地に黒イラストの、「○○でやろう」シリーズのポスター、わかりやすくて好きです(*^_^*)。

その日は雨、うさみの乗った電車は、ギュウギュウ詰めとまでは行きませんが、お隣と体を触れ合わずに立っていられない程度には混んでいました。

そんな中、うさみの隣りに立っていた、キレイ系ふわふわOLファッション巻き髪のお嬢ちゃまは、乗車中、ず~っとメイクしていらっしゃいました(-_-;)。
長い傘と紙袋をさげた手で鏡を持ち、もう片方の手で斜め掛けしたバッグの口をあけて、中の化粧ポーチから化粧道具を出し、順にメイクを仕上げていってました。

20100617_p1060278 あの状況で、眉のラインをひいたり、マスカラを塗ったり出来るのはすごいテクニックだわ~と感心してしまいました(^○^)。
うさみなんて、家で座って落ち着いてやっていても、眉尻が曲がってしまったり、マスカラがはみだしたりしてしまいますのに、立ったまま揺れる電車の中でバッチリフルメイクが出来るのは、毎朝の研鑽の積み重ねなのでしょうか(^^ゞ。

うさみは、年齢ゆえか、人前でお化粧するのは恥ずかしい、という意識がありまして(^_^;)、朝出勤前に時間がないなら、ノーメイクで出勤して会社のお化粧室でささっとメイクする方が、電車でお化粧するよりいいと思います。でも車内化粧族の方々は、ノーメイクの顔を人に見せるなんてシンジラレナーイ、なんでしょうね(^^ゞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

勤め人の必需品

うさみおばさんの勤め人生活が再開しました。
満員電車にラクに乗るコツとか、仕事のカンみたいなものは、体が覚えているらしいです (^^ゞ。

20100617_p1060274オフィスビルで働く現代の勤め人の必需品は、カードキー(^○^)。早速初日から、うさみの首にかけられました。

お昼時に丸の内あたりのオフィス街を歩いている人が、そのへんのビルで働いている人か、そうでないかは、首から提げたカードキーの存在で簡単に判別出来ます。

今のようにセキュリティが厳しくなかった頃は、オフィスフロアの入口ドアは施錠されていませんでしたし、開けっ放しもあったと思います(^^ゞ。
その後、入口にナンバーロックがつけられましたが、あれだと何時に誰が出入りしたかが管理出来ないので、センサーにタッチするカードキーに変わったのでしょうね。(ナンバーロック式は、定期的に変わる暗証番号を覚えていられない人が多くて、不便だったのかもしれません(^^ゞ。

朝、カードキーを忘れると、会社ビルに入れてもオフィスの中に入れません(^_^;)。
仕事中も常に携帯していないと、他のフロアやお化粧室に行った後、仕事場に戻れません。内線で誰かを呼んで開けてもらうか、たまたま他の人が通りがかるのを待って一緒に入るしかなくて、廊下でボーっと待っているの、恥ずかしいんですよね(-_-;)。

カードキーの普及に伴って、カードキーホルダーの種20100619_p1060300類が増えて来ました(#^.^#)。
昔は、ビニールのカード入れに、簡単なひもがついたものしかありませんでしたが、今は、革製に、柄物、色も多種出て来ました。
会社によっては、社名の入った提げ紐が用意されていますが、うさみは外を歩く時に社名をひとに知られたくないので(^^ゞ、いつもマイカードホルダーを使っています。

新しいカードホルダーを買ってみました。大好きな水玉模様で、肩が凝らない軽い紐にしました(^○^)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

おばさん勤め人復活

このブログのサブタイトルは、「おばさん勤め人うさみの楽観的毎日」ですが、ここ数ヶ月ほど、勤め人生活をお休みしていました(^^ゞ。

毎日、愛犬と遊んだり、美術展に出掛けたりと、のほほんと暮らしてはおりましたが、他方でそれなりに就職活動もしていたのです(^_^;)。20100611_p1060231

100年に1度の不況下での職探しに当たり、これからの人生やら仕事の意味やらについて、真面目に考えたり、人生についての本を読んだりもしました。

学校を出て働き始めて10年くらいは、自分は勤めずにずっと家にいるのが合わないタイプだと思っていましたが、勤め人生活がうん十年になり、あれこれの波をかぶり、自分も社会の環境も変わってくると、働く事や会社へのスタンスも変わって来ました。
うさみは性根がナマケモノで、だら~っとしようと思えば果てしなくだら~っと出来てしまうことも自覚しました(^_^;)。

先のことは考えても答えの出ないこともあり、まずは歩き出してみましょうかね。
とにもかくにも、今週より、おばさん勤め人復活となりました。

お休みが長かったので、電車通勤とデスクワークに体が慣れるのに時間がかかりそうです(^^ゞ。
しばらくは、週末ブロガーになるかもしれませんが、ブログは続けますので、どうぞよろしくお願い致します<m(__)m>。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

スイーツ模様

最近は”食べられないスイーツ”を作るのが流行っているようで、粘土やフェルトでケーキやチョコレートを作る本がたくさん出ています(^○^)。



うさみは、スイーツ模様を刺繍するのが好きです(#^.^#)。
ポップで可愛い色使いで、美味しそうな図案を選んで刺します。

ひとつひとつ、これは何味かな、と考えながら刺繍するのが楽しかったマカロン模様は、眼鏡ケースになりました。

20100613_p1060266

マカロンはシンプルな形なので、うまくグラデーションで立体感を出さないと、食べ物の質感が出ません。中身のクリームもポイントですね。1個よりも何個かまとめた方が絵になるようです。
この図案のように、美味しそうで可愛いと思える図案は、なかなか見つかりません(^^ゞ。

こちらは、太い刺繍糸でザクザク刺したスイーツてんこもりクッションです(^○^)。
溶けかけていたり、チョコがたれたりしているアイスクリームって、割とよくある図案です。見ていると思わず舐めたくなるようで、美味しさが直接訴えてくるのかな(*^_^*)。

20100613_p1060267 20100613_p1060268

クッションの裏側は、↑でマカロンの下になっている、黒地のスイーツ模様。

スイーツクッションを、愛犬の枕に欲しいと妹から持ちかけられましたが(^_^;)、試してみたら、30センチ強のクッションはわんこ枕には大き過ぎ、ソファとして使うには小さ過ぎました。
当初の予定通り、うさみのベッドに置いています(#^.^#)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

菖蒲の季節

今年は梅雨入りが遅れているせいで、まだまだ、雨が似合うこの花は咲かないと思っていました(^^ゞ。

20100611_p1060248

花菖蒲です(≧∇≦)。

愛犬のお散歩で、地元の菖蒲で有名な公園そばまで行ったので、少しは咲いているかもしれないと寄ってみましたら、もう満開でした(^○^)。

菖蒲の花色は、濃い紫がメイン、そこに少しでも黄色が入るとぐっと映えますね~。

20100611_p1060260 20100611_p1060241 20100611_p1060255 20100611_p1060245

今日の東京は、気温も湿度も高く、寒がりおうじも洋服ナシです(^^ゞ。

20100611_p1060259 20100611_p1060253

菖蒲見物のおばさまやおじさまに、可愛い~と声をかけていただいて、調子にのって歩いていました。
・・・でも本犬は気付いていませんでしたが、花を撮ろうとしていたおじさまの前を平気でずんずん横切ってシャッターチャンスを駄目にしてしまい、チッと舌打ちされてました(@_@;)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

おうじの枕

我が家の愛犬おうじは、お昼寝の時も、夜寝る時も、何かを頭の下に敷いてにするのが好きです(^○^)。
20100105_p1030693
わんこなのに枕とは生意気な、と初めの頃は思いましたが(^^ゞ、よそのわんこブログでも枕でお昼寝の画像を拝見しました。枕が好きなわんこは珍しくないようですね(#^.^#)。

おうじが枕にするモノの第1は、人の腕です(^_^;)。
夜は、人間の脇の下に身をもぐりこませて、腕に頭をのせて寝ます。(夏の間は、人間にくっつくと暑いので、ひえひえマットの上でひとり寝しています。)
人が寝返りをうったら、ちっこいチワワは下敷きになってしまうんじゃ、との心配はいりません(^^ゞ、ちゃんと人の動きを察知して自分も移動します。

お昼寝の枕として使われるモノは、大きさや傾斜角度におうじなりの基準があるらしく、よくそんなものを枕にするね~と驚くような物なこともあります。
わんこのオモチャ、おうじ用ぬいぐるみ、タオル、靴下、本、バッグ・・・固いし安定が悪いだろうと思われる物でも気にせず、器用に枕にしています(^_^;)。

最近のお気に入りお昼寝スタイルは、こんな感じです(^○^)。

20100607_p1060215 20100607_p1060214

黄色いわんこソファ(直径60センチ、高さ20センチくらいの円筒形)の上に、うさみ製の2010年記念虎クッション、もうひとつ絡まっているものが、最近うさみ家に登場したぬいぐるみです。20100610_p1060225

奈良美智さんのパップキング、すまっぺが自分用に買って来たものです。
ちょっと置いておいたすきに、おうじが奪取して枕にしていました。横に投げ出した4本の足と、ぴんと立ったシッポが、枕に最適な模様で、一緒に寝ていると、どの足がおうじでパップキングかわかりません(^^ゞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

過去の時代に行けるなら?

あるサイトの一言アンケートで、

過去に行けるとしたら、一番行ってみたいのは日本のどの時代ですか?」

というのがありました(#^.^#)。20100603_p1060128

うさみは、しばし考えて、江戸時代を選びました。
庶民が元気だった時代ですし、歌舞伎や時代小説で描かれている世界が実際はどうだったのか見てみたいと思いました。

平安時代の雅な文化にも魅かれましたが、行った先で、貴族のいる場所に入れるとは限りませんよね(^^ゞ、庶民は十二単にも、季節の歌詠みにもご縁がなかったでしょうから・・・。

集計結果では、江戸時代がトップで、平安時代も人気がありました。和の原点というイメージで憧れる人が多いのでしょうか。
明治時代も人気がありました。今の日本に直接つながる、激動の時代で、面白そうです。

うさみの予想に反して、第2位は昭和時代でしたw(゚o゚)w。

うさみおばさんには、昭和は自ら体験した時代ですから、わざわざ再確認しに行く必要はないと、最初から選択肢に入れていませんでした(^_^;)。
昭和を選んだのは、平成生まれのお坊ちゃまお嬢ちゃまだろうと、投票した人のコメントを読んでみますと、

青春時代/子供の頃から人生をもう一度やり直したい。」
バブル期高度経済成長期に戻りたい。」

というオールディーズ世代(^^ゞが昭和を選んでいたのでした。
20100603_p1060085
もしあの時ああしていたら、こちらでなくあちらを選んでいたら、今どうなっていただろう、という淡い後悔や、景気の良い時代を懐かしむ思いなのですね・・・。

うさみは人生のほほんで前向きがモットー(^^ゞですので、人生のどこかからもう一度、と願うことはありません。
でも、昭和に戻れば、もう会うことの出来ない懐かしい人達の姿を見られるのですね、そういう意味では昭和もいいなあ、と思うのでした(*^_^*)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

お揃い歩数計

近頃、軽妙な音楽が気に入って、一緒に口ずさんでしまうテレビCMがあります(*^_^*)。

浅田真央が焼いている、タン塩を焼いている、塩カルビを焼いている、でも焼いた後はウォーキング、ウォーキング、オムロンの歩数計♪

焼肉屋さんで真央ちゃんがとっても美味しそうに焼肉を食べていて、お店を出てからは、歌うお相撲さんを従えて元気にウォーキングする映像ですね(#^.^#)。
美味しそうなお食事中の表情と、姿勢のいいウォーキングポーズがアスリートらしく自然でいいですよね~。

CMの最後で、
真央はオムロン(^○^)」
のセリフで真央ちゃんが掲げて見せるピンクの歩数計、うさみが持っている歩数計と形が似ているな、でもうさみが買ったのは何ヶ月か前だし違うだろう、と思っていました。

オムロンのサイトで製品情報をチェックしてみましたら、まさに同じ機種の色違いでした20100608_p1060217 (^^♪。真央ちゃんとお揃いの歩数計を持っているからって、彼女と同じ体型になれるはずもないのですが、ちょっと嬉しいです(^○^)。

そしてサイトの製品情報で、うさみはずっとこの歩数計の正しい数値の読み方を理解していなかったことに気付きましたΣ( ̄ロ ̄lll)。

自分の感覚としてはずいぶん歩いたのに歩数があまり上がらない事があり、バッグに入れておいても測れるって書いてあったけどやっぱり体につけないと正確に測れないのかな、と思っていたんです(^^ゞ。

ところが、うさみが見ていたのは、「エクササイズ歩数」という数値で、実際に歩いた数のうち、運動効果が上がる速さで歩いた分だけを表示する数値だったのです(@_@;)。
それとは別に、実際に歩いたそのままを表示する「歩数」が出る画面もあったのに、全然気付いていませんでした・・・。
20100603_p1060178過去1週間のメモリーで「エクササイズ歩数」と「歩数」を比べてみたら、一日につき1000歩から3000歩くらいの差がありました(-_-;)。

美術展に行った時など、館内をぐるぐるかなり歩いているはずなのに、歩数が上がらないのは、床がふかふかで振動が足りないからだろう(^_^;)と、勝手に解釈していましたが、とんでもありませんでした・・・。ゆっくり歩いていたからだったんですね(;´▽`A``
オムロンさん、取扱説明書を読まない、早とちりユーザーですみません<m(__)m>。

運動になったかどうか、という意味では、今まで見ていた数字で正しいのですが、のんびりでも歩いていれば全く歩かないのとは違いますし、やはり数字が大きい方が見て達成感がありますよね(^^ゞ。
これからは、最初に「歩数」が表示される設定に変えました(^○^)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

オルセー美術館展2010

先週、空いていそうな平日昼間を狙って「オルセー美術館展2010ーポスト印象派」(国立新美術館)を見て来ました(#^.^#)。

20100606_p1060183 20100606_p1060182

宣伝文句が「モネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、ルソー、傑作絵画115点、空前絶後」で、サルコジ大統領の「これらの絵画がまとめてフランスを離れることは二度とない。」というお墨付き、西洋絵画ファン必見の展覧会です(^○^)。20100606_p1060184
平日でも相当混雑しているに違いないと覚悟していましたが、人の頭で絵が見えないとか、動きが取れないというほどでもありませんでした。会期が長いので、まだこれから混み出すのかもしれません。

10個のテーマに沿って展示室が分かれているなか、ひとつだけ他と段違いに人の多かったのが、「ゴッホとゴーギャン」室でした。
日本人にはゴッホが人気なんですね~(*^。^*)。
星降る夜」の夜空に星と街灯、同じ光でも色が違っているのが、意味深い気がしました。

展覧会鑑賞中は、他のお客さん同士が交わす、通ぶった解説やコメントが耳障りになるものですが、今回は、ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌの「貧しき漁夫」という絵についてのお上品そうなおば様方の会話に、知りたかった事を教えていただきました(^^ゞ。

すごく見慣れた感じがする絵・・・でも見た記憶は無いなあ・・・と思っていたのです。そこへおば様が、「西洋美術館にある絵は、奥の子供がいないのよね~。」
そうそう!上野の国立西洋美術館の常設展示松方コレク20100606_p1060185ションにあるんですよ、この絵と同じタイトルで構図も似ている絵が。常設展は何度も見ているので、特に画家名や作品名を覚えていなくても、絵は頭に残っていたんですね(*^_^*)。

今回は、うさみの気に入った絵のポストカードを全部ゲット出来て満足し(^○^)、他のグッズは買いませんでした。(うさみのシュミはマイナーらしく、好きな絵がポストカードになっていないことが多いのです・・・(^_^;)

裏側に絵画をプリントしたiPodケースがよく出来ていて、iPodユーザーだったら欲しかったです。
ただ、モローの「オルフェウス」のケース、これを選ぶ方のプレイヤーにはどんな音楽が入っているのか、聞かせていただきたいものですね(^^ゞ。川辺に流れ着いた斬られた首20100606_p1060186 を拾っている乙女の図、ですよ・・・縁起が悪いといいますかねぇ・・・、素晴らしい絵だと思いますし、うさみもポストカードは買いましたけど、常に持ち歩きたい絵ではないです・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

サポータードッグ出陣(^○^)

サッカーワールドカップ開催を前に、うさみ家の愛犬おうじは、サポータードッグに変身です(^○^)。

20100606_p1060198 20100606_p1060202

このサムライブルーのドッグウエア、ちゃんと2010年の日本代表ユニフォームとお揃いなのです(#^.^#)。
今年ヴァージョンは、襟元真ん中のが特徴ですね~。

おうじは本犬の意思には係わらず、ワールドカップになると、サムライブルーウエアを着せられています。2002年と2006年、それぞれに代表とお揃いユニフォームで応援していました。
(2006年の記事はこちら。)

毎回、前回モデルとの違いは微妙なのですが、やはり気持ちとして、真新しくて選手と同じウエアにしたいですよね。
人間の方は特に応援ウエアやグッズは用意しないので、応援の気合の入れ具合は微妙でしょうか(^_^;)?20100606_p1060192

4年前も、このウエアはペットショップで大人気で、ギリギリで入手出来たのですが、今回もお店に行ったらおうじのサイズだけ売り切れでした(@_@;)。
女の子用ワンピース(ブルーに白のスコートがついていて可愛いです♪)ならあり、本犬は気にしないでしょうから女の子用を買おうしたのですが、妹すまっぺの強硬な反対にあい、男の子用を予約発注しました。

昨日、入荷の連絡があり、取って参りました。
初戦に間に合って良かったです~(^○^)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

今月の箱・・・3段小引き出し

6月のカルトナージュレッスンに行って来ました(^○^)。

今月は、3段の小引き出しです。20100606_p1060187
天井と引き出し面に丸みを持たせ、飾り板と猫足のついた可愛らしい、かっこつけて言えばロココ調(!?(^^ゞなデザインに合わせて、外側はピンクの薔薇柄、引き出しの内側はピンクに白の水玉を選びました。

引き出し1段が9センチx16センチx5センチくらいで、小振りの引き出しですが、結構苦労しました~(@_@;)。

緻密な性格の方なら、寸法を測るのも、ダンボール紙を裁断するのも、組み立てて糊付けするのも、きっちり予定した通りの大きさに仕上げられるのでしょうけれど、うさみは大雑把でテキトーな性格(^_^;)・・・同じ大きさのはずの引き出しをいれる3段の高さと幅が、微妙にずれてしまいます。
そのずれに合うようサイズを微調整して引き出しを作るのですが、それがまた予定した大きさに出来上がらないものですから(-_-;)、やってもやっても引き出しが棚に入らない!入ってもどこかが引っかかってスムースに動かないΣ(`0´*)!の繰り返しでした。

先生にずいぶん助けていただいて、何とか無事引き出しが納まり、動かせるようになりました(^○^)。
20100606_p1060189_2
引き出しの取っ手を付けるのと、底に猫足を付けるのにも、数がある分、時間がかかりました。

先生の作成されたお見本は、もっと足の長い、いかにもな猫足部品がついていたのですが、それだとネジをつける場所の関係で一番下の引き出しが開けられないという(^_^;)構造的欠陥があり、短足の猫足ちゃんになりました。

どこから見ても、ぶりぶりのド少女趣味に仕上がりました(^^ゞ。
中に入れるのは、少女の宝物的なきらきらふりふり小物が合いそうです(^○^)。

来月は、大柄の布でマガジンラックを作成の予定です。
大きさを合わせる必要がないので、ガンガンやるぞ~(^O^)!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

変わったお名前?

バスで乗り合わせた小学生の女の子3人の会話が面白くて、うさみおばさんはずっと聞き耳頭巾でした(^○^)。
話題は「変わった名前」について、でした。

「クラスの○○くんは、タカオっていうんだよ。ヘンな名前だよね~( ̄▽ ̄)。」
「ほんと~、ガハハ。」

(おばさんには、”タカオ”のどこがヘンか分かりません(^_^;)。オのつく名前は流行遅れっぽいんでしょうか?)

「でも、その弟の方がもっとヘンな名前なの。ヒロオだよ、ヒロオ!」

(”ヒロオ”だって普通の名前だと思うけどなあ・・・(-_-;)

「キャハハ、ヒロオって疲れてるってことじゃん、笑えるねー!」20100603_p1060150

(ヒロオ=”疲労”!?それは気付きませんでした、1本取られたな~(^○^)。

「私の行ってるバレエ教室には変わった名前の子が多いんだー。マリアちゃんでしょ、ジュアンちゃんでしょ・・・」
「それって、漫画に出て来た名前じゃない?」

(うんうん、うさみの子供時代の少女漫画にも登場しましたよ、そういう洋っぽい名前の女の子(#^.^#)。うさみは”子”で終わるフツーの名前なので、ちょっと憧れてました、でももしそういう名前をつけられてたら、顔に合わなくて恥ずかしかったでしょうね(^^ゞ。

「マリアちゃんの妹は、ローザちゃんっていうの。」

(”ローザ”って漢字でどう書くのw(゚o゚)w!?すっごく知りたい!!)

「え~!?その子たち外国人?」
「違ーう。日本人。ハーフでもないよー。」

(うーん、お嬢ちゃんたちは、あまり漢字には興味がないんですね(^_^;)。
日本人で、娘をマリアにローザと命名するご両親はどういう方達なのかしら?聖母マリア様にバラ(rosa)で、宗教画のよう、クリスチャンなのかも。)
20100603_p1060143
「ふたりの下に弟がいるんだけど、その子はダイヤって名前なんだよ。」
「うっそ~、すっごいヘーン!次に生まれた子は”ハート”!?(^○^)」

(”ダイヤ”くんがどういう字なのかも、すごーく知りたかったです・・・”大哉”くらいしか考えつきませんが・・・意味はやっぱりダイヤモンド、なのでしょうか?それともお父さんが浦和レッズのファン?)

名前にも時代の流行があり、自分より前や後の世代に流行った名前は、珍しく聞こえますが、どの時代のひとが聞いても、変わっていると感じる名前もあるのですね(^_^;)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

生田緑地ばら苑

春バラをもっともっと見たい!という止み難い情熱(^_^;)に突き動かされて、行って参りました、「生田緑地ばら苑」(^○^)。

20100603_p1060176 20100603_p1060181

このバラ園は、小田急向ヶ丘遊園の中にあったのですが、2002年の遊園地の閉園後も存続を望まれ、川崎市の管理下で、バラの開花季節のみオープンしています。
むかーし、向ヶ丘遊園に遊びに行ったかすかな記憶はありますが、ばら苑は初めてです。

徒歩の場合は、最寄駅から12分、とのことで軽い気持ちでしたが、この「12分」はばら苑敷地の正門までの距離なのでした(^^ゞ。 20100603_p1060174
正門から、小山をぐるぐる登ること数分、駐車場まで着いて終わりかと思ったら、そこからさらに上が見えないほどの階段(p_q*)(帰りに数えたら107段ありました・・・)です。苑に到達した時には、息も絶え絶えでございました(@_@;)。

→ 階段の途中から振り返り見た景色です。標高(?)が高いのがわかりますでしょうか・・・。

(帰宅後、ばら苑のサイトを見ましたら、ちゃんとこの坂と階段についての注意書きがのっていました(^_^;)。足の弱い方向けに、駐車場から裏門までの送迎バスがあるんだそうです。)

でも、苦労して行ったかいはありました\(^o^)/。
ご覧下さいませ~!!
開苑時、「東洋一のばら苑」と称えられ、今でも「秘密の花園」と呼ばれているバラの園を~(^○^)。まわりを丘陵に囲まれているので、ふっと迷い込んだ秘密の園、という感じがするのです~。
春の開園は今度の日曜日までですが、春先に寒かったせいか、蕾もまだたくさんありました。

20100603_p1060160 20100603_p1060162 20100603_p1060087 20100603_p1060093 20100603_p1060109 20100603_p1060136 20100603_p1060154 20100603_p1060134 20100603_p1060127 20100603_p1060115 20100603_p1060120 20100603_p1060171

続きを読む "生田緑地ばら苑"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

美容室に行かなくちゃ

今日はどうしても美容室に行かなくちゃ、と昨日から決めていました(^^ゞ。

そろそろ行き時ではありましたが、どうしても、と背中を押される気持ちになりましたのは、2・3日前のある事件(大げさな・・・(^_^;)のせいです。

繁華街をぷらぷら歩いていたうさみは、美容室のビラ配りのお兄さんに声をかけられました。20100601_p1060027

「お姉さん、前回美容室に行ったのいつ?大分前でしょ?5ヶ月前くらい?」

5ヶ月前ですと!?Σ( ̄ロ ̄lll)( ̄◆ ̄;) 

それはつまり、うさみの髪の毛がボサボサで、カラーリングも落ちてメタメタっておっしゃりたいのですね(@_@;)!

ううっ、そりゃあうさみだって、ちょーっと髪が伸びて毛先がはねてるなーとは思ってましたし、根元の白髪が目立って来たのを気にはしていましたよ・・・でも前にカット&カラーをやってもらってから、まだ2ヶ月弱なんです、もし5ヶ月も行ってなかったら、こんなものじゃなくて、凄いことになってますよ(>_<)。

でもプロの美容師さんの目からは、相当ひどい状態なんですね・・・(^_^;)。素直に反省して、なるだけ早く美容室に行こう、と思いました。

そしてさらに昨日、ふと鏡で自分の顔を見たら、おでこ全体に茶黒い汚れがついていました(@_@;)!

何、この汚れは!?ホコリがたまった場所に頭を突っ込んだりしてないよね・・・?

拭き落としてみてわかりました・・・この汚れは、生え際や分け目など気になる箇所の白髪を部分的に染めるためのポイントカバーの色です・・・。
分け目の白髪が気になって、外出前にブラシで前髪から分け目にそって塗ったのが、汗で髪から額にうつってしまったのでした。
ううう、かえってみっともないよお・・・( ̄Д ̄;;。

こんなことではいかーん!今日は絶対美容室に行かなくちゃ(* ̄0 ̄)ノ!!

続きを読む "美容室に行かなくちゃ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

旧古河庭園より・・・?

6月の1日目は、五月晴れ(^^ゞでした。
めったにない好天を有効活用すべく、愛犬を連れて、地元のバラ公園へ行って来ました(#^.^#)。

20100601_p1060037 20100601_p1050996

バラの花は満開をちょっと過ぎたくらいでしょうか、雨でやられて駄目になってしまった花もありましたが、全体としてはまだまだ綺麗に咲いていて、公園中に芳香が漂っていました(^○^)。

地元民以外はあまりやって来ない公園に、珍しく遠くからいらしたらしきおば様が、興奮して携帯電話をかけていました。20100601_p1060025

「ワタシ、ワタシ!今どこにいると思う!?
○○区のバラ公園ってとこに来てるんだけど、すごいのよヽ(*≧ε≦*)φ!
古河庭園なんて目じゃないわよψ(`∇´)ψ!!
バラがもう~すっごく綺麗でたくさんなのよ!」

おば様があまりに大声なので、お話が全部聞こえてしまいましたが(^_^;)、旧古河庭園に先週バラ鑑賞にいらして、花の少なさに不満足だったのだそうです。今日は、この公園の近くにお住まいのお友達に誘われていらしたそうで、大感激していらっしゃいました。
電話のお相手は花好きのお友達らしく、そんなに綺麗なら見てみたい、と言われたようですが、おば様は何と写メールが使えないのでした(;´▽`A``。
同行の寡黙な旦那様がデジカメで撮影していたのを、今度会ったら見せてあげる!と息巻いておられました。

20100601_p1060043 20100601_p1060036 20100601_p1050999 20100601_p1060012

褒めていただいて、地元民としてお礼申し上げます<m(__)m>。
でも旧古河庭園よりバラが多いかなあ~?うさみも今年のバラを見ましたが、微妙ですねえ・・・。
ここは区の公園で、必要最低限しか手をかけられないため、形良く剪定したり、萎れたお花や枯れたお花を摘んだりしていないのが、花の数を多く見せているのかも・・・(^^ゞ?

バラに感激のおば様とは別のおば様が、愛犬おうじに声をかけてくれました(^○^)。20100601_p1060009

真っ白で可愛いわね、とっても綺麗にしてもらっているのね(#^.^#)。」

今日のおうじは、おうじ的には、前回シャンプーから日がたってちょっと薄汚れかけているのですが、バラの鮮やかな色とのコントラストでより白く見えたようです(^^ゞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »