« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

ハッピー・ハロウィーン!

今日はハロウィーン(万聖節)ですね(^○^)。

出先で立ち寄った駅ビルでは、魔女の格好でビル内を歩いている店員さんを見つけて「トリック・オア・トリート?」と声をかけると、お菓子をもらえたんだそうです。
残念ながらうさみは見かけなかったので、もらえませんでしたが・・・(^^ゞ。

先週、会社でもハロウィーンのイベントがありました。20101028_p1060782
終業後、社員が子供たちを連れて来て、ちょっとしたパーティーのようなものが開かれました。子供たちも可愛く仮装している子が多かったですが、お迎えする社員の方が、ノリノリで仮装していました(^O^)。

今は仮装用の衣装がたくさん売っているんですねえ・・・よくこんなにあるなあ、と驚き楽しませてもらいました( ̄▽ ̄)。

キャラクター系ですと、ダースベーダースパイダーマンピカチュウミッキーマウススティッチドラえもんボヤッキー(@ヤッターマン)。

ハロウィーンならではのは、吸血鬼魔女魔法使い尼僧カボチャ黒猫

何でもありの仮装は、海賊女子高生うさぎ・・・。

こういうのがオフィスを闊歩しているところをご想像下さいませ、笑えますでしょう(*≧m≦*)?

うさみは、予算の関係上、魔女の帽子のみで参加でした(^_^;)。
キャラクターやお祭りごとは好きですが、反面、妙なところにケチで現実的なうさみですので、1回しか使わない仮装に大枚をはたくのが惜しい気がして・・・(-_-;)。
でも、他の人の仮装がすごく面白かったので、来年もあったら、もっとスゴイ仮装をしようかなあ(^○^)。

実現性を考えなくてよいならば、どんな仮装がいいでしょうね?

昔、かぶりもののぬいぐるみを着てみたいと思っていた時期がありましたが、怪獣のかぶりものぬいぐるみパジャマを買い、その気持ちは満たされました(^_^;)。
十二単とか、芸者さんの格好など、憧れますね~、仮装とはちょっと違うでしょうか?
「宮廷女官チャングムの誓い」に出て来る朝鮮王朝女官の格好もいいな~、あのふくらんだ髪型も含めて着てみたいです~。
簡単に着られそうなのだと、ハリポタの制服とローブはどうでしょう(^^♪?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

携帯に無くてはならないもの?

スマートフォンが欲しくて、ここのところ、これから発売になる各社のラインナップや、新製品の比較記事などに目を通しています。

その中で、へえっと思ったのが、「この機種は、日本人の好みに合わせてスマートフォンながらストラップホールがついている」というくだりでした。

・・・ってことは、今までのスマートフォンには、ストラップを通す穴があいていないってことですか(゚0゚)?
あらためてひとのiPhoneを見せてもらうと、確かに穴はありませんでした。だからiPhoneユーザーはあんなにケースに入れるのかもしれませんね、ケースにストラップをつけられるから・・・?
携帯ショップで他のスマートフォン見本をひっくり返しても、やっぱり角に穴はあいていませんでした。

携帯にはストラップを通す穴があって当たり前だと思っていましたが、穴をあけるのは、それなりの手間がかかるのでしょうか。日本以外の携帯では、ストラップ用の穴がない機種の方が多いそうです。

日本では老若男女を問わず、何やかやのストラップを携帯につけていますよね?何もつけていない携帯って見たことがありません(^^ゞ。
20100512_p1050729
たぶん根付を愛好していた着物の頃から、大切で小さい物には飾りをつけるのが日本人の習性なのでしょう(#^.^#)。

根付に、飾り目的だけでなく、帯にはさんだお財布が落ちないようにする実用的意味があったように、携帯ストラップも、バッグの中からゴソゴソ携帯を探し出す時に便利です。本体が見つからなくても、ストラップの紐を引っ張って出すことがよくあります。

ストラップのような飾りもの(バッグチャーム)をバッグにつける女性も多いですね。
つい先日は、本物のわんこかをバッグに入れているのかと思ったほど大きなもこもこのぬいぐるみ(体長30センチほど、顔の大きさは我が家の愛犬とほぼ同じでした・・・(^_^;)をバ20100911_p1060579 ッグにつけている若い女性がいました。今は大人でもぬいぐるみを連れ歩いて笑われない、のかな(^^ゞ。

バッグにつけるものは実用目的よりファッション性、かと思うと意外とそうでもなかったりします。主におばさん族ですが、バッグのファスナーにつけて、引っ張ってファスナーを開けるために使っていらっしゃるのを見ます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

晴れた日はテラスで

関東あたりの気候には、オープンカフェテラス席はあまり合わないのではないかと残念ながら思います・・・(-_-;)。

6月の梅雨時から、夏の蒸し暑さが終わる10月くらいまでは外に出られたものじゃありませんし、真冬は真冬で戸外用ストーブで温めても結構風が冷たいですし・・・。20101011_p1060744
それと、場所的にも、交通量の激しい車道に面した店の前に作られたテラス席など、飲食物より排気ガスと埃を取り込むだけなんじゃないかと心配になります(^_^;)。(店内禁煙で、テラス席だけ喫煙OKというスタバみたいな店もありますが・・・)

でも、ごくたまには、異常気象に泣かされる東京でも、暑くも寒くもなく風も吹かず、心から快適な日もあるわけで、そういう昼間に緑の庭でのんびりお昼をいただくのは、まさに僥倖です(^○^)。

快晴の土曜日のブランチを、一軒家で裏に素敵なお庭がついているカフェでいただきました(* ̄ー ̄*)。

20101023_p106076120101023_p1060763 20101023_p1060764 20101023_p1060765 20101023_p1060768












イギリスのお庭にいる気分で、ゆっくりとお食事~(◎´∀`)ノ、マダムになった気分でした~。こんなテラスが自分のお家にあったら素敵でしょうね~、その場合は、一緒にお抱え庭師さんとシェフも希望です(^○^)。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2010年10月23日 (土)

幻の?キャラメルポップコーン

秋の気配が濃くなり、街中はハロウィンのオレンジ色が目立ちます(^○^)。

会社近くの輸入菓子コーナーでにぎやかな展示に誘われ、うさみもカボチャ黒猫のイラ20101018_p1060749 ストが可愛いお菓子を買いました。丸いタッパー容器に入ったキャラメルポップコーンです(#^.^#)。

キャラメルポップコーンって、うさみには映画館アミューズメントパークのイメージです。
昔の映画館で売っていたのは袋詰めポップコーンでしたけれど、今のシネコンはその場でポップコーンを作っているので、場内に匂いがたちこめてるんですよね。いつも食欲を誘われますが、容器が大きいのでめったに買いません(^^ゞ。
アミューズメントパーク(もう何年も行っていませんが)でも、ポップコーンのスタンドがあって、キャラクターの絵がついて首からさげて持ち歩ける容器にひかれますよね。

ハロウィンのキャラメルポップコーンは、中身もちょっぴし食べたい気持ちはありましたが、容器が欲しいがゆえに買いました。
20101023_p1060772 密閉フタで透明の容器は、食べかけおやつやティーバッグなどを保管するのによさそうです。ハロウィンが終わったら、フタの紙を剥がして使いましょう~(^^♪。

中身は会社で食べてもらえば、早く容器を使えるよね~、との算段のもと、お昼過ぎにオフィスのおやつコーナーに置きました。割と人気であっという間に中身が減っていき(人気のないおやつだといつまでも放置されて、結局捨てられたりします(^_^;)、モッタイナイ)、翌日にはカラになるな、と確認して帰宅しました。

翌朝出社して、何気なく目に入ったおやつ置き場に、あるはずのポップコーン容器が無いΣ( ̄ロ ̄lll)!
何かの邪魔になっておやつの場所を移動させられていることがたまにあるので、近くを探してみましたが、ありません(>_<)。それにポップコーン以外のおやつはちゃんと昨日と同じ場所にあるのです。

・・・これは、ひょっとしてもしかしなくても、昨日中に誰かが完食して容器を捨てちゃったんだ・・・o(;△;)o。
ううっ、そんなにすぐに捨てなくてもいいのに~。飾りとしてハロウィンまで置いておいたっていいじゃないの~。

ゴミ箱のゴミは夜遅くにお掃除の方が回収に来てくれるので、もう取り戻せません・・・。ビルのゴミ置き場に行って必死で探せばまだあるのかもしれませんが(@_@;)・・・。

同僚には、「“入れ物は捨てないで!うさみのです。”ってポストイットを貼っておかないとダメだよ~、食べ物しか興味ない人ばっかりなんだから。」と言われました。
うん、そうしようかとも思ったんですが、帰宅時点ではまだ残っていたから明日でいいと油断してしまいました。

残業組の食欲を甘くみちゃいました(-_-;)、幻のポップコーン、また買おうかなあ・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

買い置き

先日、携帯電話のカレンダーについている「タスクリスト」という機能を初めて使いました(^^ゞ。

自分で設定した日時に、「これはもうやりましたか~?」とアラームを鳴らしてくれます。
会社のPCではタスクはよく使っていても、携帯に設定したのは初めてでした。

携帯にお知らせしてもらわないと、ついつい忘れてしまって困っていたうさみのタスクは、「toiletペーパーを買う!」です(;´▽`A``。

朝、家を出る時に、帰りに買ってこよう、と思っているのに、うっかり忘れて帰宅して洗面所であっ!と思う・・・というパターンが3日くらい続きました。会社を出る時点では覚えていても、地元駅に降り立つとすっかり忘れていたり・・・。20101011_p1060726

地元駅に着く時間帯をみはからってアラームをかけておいて、やっとミッションを完了しました(^○^)。

そもそも、うさみ家には買い置きが存在しないので、ここまで焦ってしまうのです・・・(^_^;)。ティッシュペーパーでも、シャンプー、洗剤、歯磨き粉でも、使いかけ容器の残りが三分の一以下になってようやく、今度ドラッグストアで買わなくちゃ、となります。

うさみも妹すまっぺもそういうタイプです。うさみ母が、必要が無い物でも安売りしているとや買って来て、あれこれと山のようにためておくタイプなのでその反動かもしれません( ̄Д ̄;;。
うさみ母の年代は、オイルショックでトイレットペーパーがお店から消えた痛い経験が忘れられず、生活用品を買いだめしてしまうところがあるようですね。この間読んだ中村玉緒さんのエッセイにも、トイレットペーパーは1年分くらい買ってあって何があっても困らない、とありました(^^ゞ。



うさみと同年代のお友達でも、使っているもの以外に買い置きが最低1個はないと気持ち20101011_p1060723 悪い、という人がいますので、性格的な違いもあるのだろうと思います。

時代はエコで余計な物を持たないという流れではありますが、適度な買い置きは必要ですね。
誰かさんのように、髪を洗う直前にシャンプーが切れているのを思い出し、洗面所の棚をさらって、いつもらったかわからない試供品でようやく洗髪するなんていうのは、いい大人としてちょっと恥ずかしいですよね(-_-;) 。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

お気に入りゆるキャラ

当節はゆるキャラが大はやりで、あらゆる企業・団体・イベントにキャラクターが作られていますね(^○^)。

うさみは可愛いキャラでも、ぶさいキャラでもOKです(#^.^#)。
最近一番うさみ的にヒットなゆるキャラは、ゆめ半島千葉国体マスコットキャラクターの「チーバくん」(*^。^*)。
20101002_p1060676
国体の宣伝イベントに街頭に出てきたぬいぐるみで存在を知りました。
うさみの好きなSUICAのペンギンと同じイラストレーター、千葉県民の坂崎千春さん作だそうです。
真っ赤なわんこでおなかと舌が出てるところが妙にラブリ~と、気に入っています(^○^)。
うさみは千葉県民ではありませんが、千葉まで行く京成電車に乗るとポスターが貼ってあります。チーバくんと、京成電鉄カードのキャラクターの「京成パンダ」が一緒に国体の各競技を宣伝しているポスターがすごく愛らしく面白く、どうしても写真におさめたくて、駅で他の乗客の不審な目に負けずにポスターを激写してみました。20101002_p1060677

この記事を書こうとチーバくんのサイトを見て、チーバくんの体型に意味があったことを知りました(^^ゞ。

全身で千葉県の形をかたどっていたんですねー!
ぬいぐるみだとわかりにくいですが、横向きのイラストでは、ちゃんと地図と重なって千葉県に見えます、わんこでかつ千葉県、チーバくん、すごいです(≧∇≦)!
千葉県民の方なら、すぐに見慣れた形に気付かれるのかもしれませんね、国体が終わっても人気だそうです。

チーバくんに次いで、今気になっているゆるキャラは、防虫剤ム○ューダのCMに出ている水色のくまです(^○^)。

CMの音楽は、商品名の連呼にちょっとイラっと来たりするのですが(^^ゞ、くまはぼよーんとしたところがぶさ可愛いです。
本物のクマとは全然違う体の色(水色と山吹色)で、胸に虫食いの穴があいているところもいいですね~(防虫剤だけに虫食い(^-^;。
ムッシュ熊雄(くまお)
というご立派な名前がついていて、キャラクターグッズも売り出されています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

かかりつけ

1年ぶりくらいに歯医者さんに行って来ました(^^ゞ。

うさみが10年来お世話になっていた地元の歯医者さんが、昨年末に病院を閉めてよそへ行かれてしまいました(@_@;)。

よその病院で働かれるということは、ご自分の病院が儲かっていなかったのでしょうか。腕が良くて感じのいい先生ですし、場所も駅からすぐの便利なビルで、いつも予約で埋まって20101011_p1060740 いたのですけれども・・・(-_-;)。
昔は歯医者さんってお金持ちの代名詞みたいでしたが、最近は歯医者さんも大変なようですね。

先生のうつられた病院が近くならそちらに通ったのですが、同じ都内でも電車で1時間半はかかる遠い街では無理でした(^_^;)。地元で他の医院を紹介していただきましたが、何となく億劫で、今までは3カ月に1回行っていた定期健診も、今すぐ悪いところがなければいいか~とさぼっていました。

そうしましたら、先生が今月から地元のクリニックで診察を始めます、というお葉書をいただきました(^○^)。
ショッピングモールの中の歯科クリニックで、クリニック自体は年中無休、ドクターが5人いらして交代でお休みの曜日があるようです。

久しぶりに診ていただいて、歯磨きがきちんと出来ていませんよ、と叱られるかも、と覚悟していましたが、ほぼOKとお墨付きをいただきました(#^.^#)。
こちらのクリニックにやって来た先生の元患者さんたちは、みな綺麗に磨けていて、すぐ治療できないと思うと皆さん歯磨きを一生懸命やるのかな、と苦笑いしていらっしゃいました。

やっぱり長いこと通って慣れている先生がいいですね~(*^。^*)。今までの治療歴も覚えていただいていて、安心です。20101010_p1060715


愛犬おうじは、仔犬の時から同じ獣医さんにかかっています。
「おうちゃん」と呼んで可愛がっていただいて、たいして嫌な治療もされていないと思われますが、待合室に出没する自分よりビッグな飼い猫が怖いのか、獣医さん方面に行くだけで嫌がります(^^ゞ。

→ 金木犀のオレンジカーペットで得意気なおうじ(^○^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

それは何色?

先日、会社のそばでとても可愛いトイプードルを見かけたことを、家に帰って妹すまっぺに話しました(#^.^#)。

「珍しい色ですっごく可愛いトイプードルを見たよ(≧∇≦)!あんな色のプードル、初めて見た!
薄いグレーピンクを混ぜた色なの(*≧m≦*)!!」

「・・・どんな色か全然わからない。」20101010_p1060717

「えーっとね、あ、今飲んでるココア、これを薄めた感じ!」
(画像アップしてから気付きましたが、パッケージは本物とだいぶ違ってました・・・もっとグレーっぽかったんです。)

「あー、チョコレートか。」

「チョコレートは焦げ茶でしょ!薄い色って言ってるのに・・・(≧ヘ≦)」

・・・かほど左様に、ひとに自分が見た色を正確に伝えることは難しいです(^^ゞ。

色彩をちょっとでも勉強した者として、色について語る時は、出来るだけわかりやすく誤解のないように、と考えます。
それで、○色に△色を混ぜた色、○色がかった△色で、薄い/濃い、等と言ってみるのですが、どうもこれは想像しにくいみたいです・・・。

色の名前で伝える、という手もあります。
上の例でしたら、”「セピア」か「茶鼠」色をしたトイプードル”と。
でもこれは、話している相手がこの言葉がどんな色か知らない、というリスクが付いて来ます(^_^;)。

また、ひとによって、同じ「茶色」と聞いて頭に思い浮かべる色の範囲がずれているので、それも色を伝えるには難しいところですが、とても興味深くもあります。

ひとりひとりが頭の中にカラーチャートを持っていて、色を見るとチャートのどこに分類さ20101002_p1060667れるか自動で仕分けして、「赤い花」とか「茶色の犬」と知覚するんですよね。「茶色の犬」と聞いた時はその逆に、頭の中のカラーチャートの「茶色」の範囲から、犬の体色としてあ るだろう色をひっぱってきて色づけする・・・その仕組みってすごいなあと思います(^◇^)。

なので、どなたかが会話の中で、品物や風景等の色についてコメントして下さると、その方のカラーチャートがちょっとかいま見えて、とっても楽しく嬉しくなるうさみです(#^.^#)。

「あのピンクのカーディガン・・・」・・・ほお、あれ、うさみ的にはオレンジなんだけど、ピンクなんですね。シャケの生はサーモンピンクで、焼いたらサーモンオレンジ、って感じかな(^○^)。
コバルトブルーの車・・・」・・・うさみ的にはグリーンかな?ブルーとグリーンの境目は難しいですね。日本人は、信号の緑を「青信号」って呼ぶくらいですし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

国勢調査

先日、国勢調査の調査員さんがうさみ家にもやって来ました(^◇^)。

封筒を差し出しながら、
20101005_p1060686
「はい、奥さんのところは何人でお住まいですか?」

(うさみ心の声・・・)
うさみは“奥さん”―誰かの妻―じゃないんだけどなあ(-_-;)。

でもそれ以外に妙齢を過ぎた女性をどう呼べばいいかっていうと・・・お店だったら“お客さん”で事足りるけれど、この場合お客じゃないし、“おばさん”は失礼だしね、“おねえさん”もヘンだし、やっぱり“奥さん”しかないのかしら。

男の人だったら、“旦那さん”は“夫”以外に、目上の人への呼びかけ的な意味でも使えるんだけどねえ。

えっと、ご質問はこの家に何人で住んでいるか、でしたね、自己紹介でよく「妹と犬と一緒に住んでます。」と言うのと同じノリで、「二人と犬です。」と言いそうになりました。国勢調20101005_p1060692 査には愛犬愛猫愛ペットを記入する欄はないんですね。

「・・・二人です。」

今までは、記入した調査票の回収も調査員さんが来てくれるのを待たなくてはいけなくて面倒でしたが、今回から郵送インターネットでも送ることが出来て楽になりました(*^^)v。
ところが、ネット経由提出が出来るのは、東京都民だけなんだそうですね・・・書類をもらうまで知りませんでした。

今回ネット対応を始めるにあたって、モデル地域として東京都が選ばれたんだそうです。ネット普及率が高くて、昼間在宅率が低いから。

専用のアプリケーションをダウンロードする必要があるなら邪魔くさいけれども(それでなくてもうさみのPCは重いのです~)、コード入力だけで出来るってことなので、ネット提出を試してみました。
一軒に一枚くれる封筒に、封印された固有ユーザーIDとパスワードが入ってます。もしこれを失くしちゃったら、再発行してもらえなくて、紙で出さなくちゃいけないんだそうです。

ページが重かったり、大人数がアクセスして遅かったりしたら、途中でやめて紙に変更するつもりでしたが、予想外にサクサクで10分もかからず終わりました\(^o^)/。字も大きくて見やすかったし、わかりやすい構成になっていたし、紙に記入して封筒に入れてポストまで持っていくより、こっちの方がずうっと楽です~。

いろんなことがインターネットで出来るようになるのはPCユーザーには助かりますが、パソコンのパの字もわからない昭和前半世代の方々は困りますよね(・_・;)。
それがきっかけでパソコンを習おう!と決心する前向きでお時間のある方々を狙ったのか、近所のパソコン教室に「シニアパソコン教室開講!」というのぼりが立っていました。

PCやネットで、シニア世代の暮らしの範囲が広がって明るくなるといいですね(#^.^#)。うさみおばさんもデジタルデバイドにさらされないよう、最新技術の最低限レベルは保っていきたいです~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

「モリオ」

荻上直子監督の「トイレット」、映画が気に入ったので原案小説モリオ」も読んでみました(#^.^#)。

映画でも小説でも、同じ雰囲気、うさみの好きなタイプの香りが漂っていました。
監督の作品にはよく“不思議な人”が出て来ます。はたから見るとフツーじゃない言動を起こす人たち・・・たとえ作品中で詳しく説明されなくても、作った側ではちゃんとその理由や背景を設定しているんですね。

うさみは小説でも映画でもそうですが、作った側も答えを持たないのではと疑いたくなる曖昧設定を出されるのが苦手です(^^ゞ・・・ラストシーンまで進んでも核となる設定が明かされないストーリーは、むずむずして、背中が掻きたいのに手が届かないようなもやもや気分になってしまうのです。
外から見て、説明のつかない感情、どうしてこんなことをしたのかわからない行動でも、実際は何かの理由やきっかけがあったんじゃないかと思うわけです・・・。ひとが作ったお話の世界においては、その理屈付けがされていて欲しい、全部を種明かししてくれなくても、ヒントくらい匂わせてくれていいでしょう?

ファンタジーやSFで、現実とはまったく違う世界を創造する時に、見えるところだけしか作って(考えて)いなくて、裏側は張りぼてで真白だったり、細部はごまかしてぼやんとしていたり、みたいなのも、お話に集中できません。重箱の隅をつつく嫌な読者かな(^_^;)・・・。

それはさておき、「モリオ」です(^○^)。

映画の主人公は、理系のアニメオタクな弟でしたが、小説は、ミシンで花柄スカートを縫うお兄さんのお話。お母さんの形見のミシンでスカートを縫う所だけが同じで、ひきこもりでもピアニストでもありません。
昔書いたこの小説のキャラクターを映画に出してみたのだそうです。

本筋とはそんなに関係ありませんが、気に入った一節・・・。

手芸店を探索していて気がついたことがある。時間をかけてじっくりといろんなものを見ていても、店員は絶対に話しかけてこない。もちろん、尋ねればいろいろ答えてくれるようだ。でも、こちらが尋ねない限り、いつまでもほっといてくれる。まるで本屋と同じだ。これは、かなり嬉しい発見だった。

そう、そうなんですよ~(^◇^)!

手芸屋さん本屋さんと同じで、店員さんが「いらっしゃいませ」以外の余計な声をかけてこないので、好きにぶらぶら出来るのです~。
こんなのを作りたくて、こういう材料ありますか、と相談すれば、一緒に探して選んでくれるし、作り方をアドバイスしてくれますが、無理に勧めたりはされません。ぐるぐる店内を回っているうち、つい長居をしてしまうのも本屋さんと同じですね(*^。^*)。

そして、うさみの好きな刺繍のことは、こんな素敵な文章で説明されていました。

刺繍は、信じられないような細かい作業で描いた絵画であり、ビーズは複雑極まりないフォルムで僕を魅了した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

かぼちゃと彼岸花

今日は、カルトナージュのレッスンで、作りかけのかぼちゃ箱を仕上げに行って来ました(^○^)。

20101002_p1060679 20101002_p1060684

細かいところに多々欠点があるのはいつものことですが、ころん・どてんと仕上がりました。
作る前は、かぼちゃ型と思っていましたが、出来上がると、ぶんぶく茶釜の狸っぽいです(^^ゞ。
カーブ部分がどうなってるかと言いますと、まず底が六角形の八面体を作り、六つの側面にカーブしたパーツを貼っていってるのです。箱の内側は八面体で丸みはありません。20101002_p1060681

かぼちゃ型箱からの連想でかぼちゃ柄の布を使いました(#^.^#)。これが表側だと目立つし、秋・ハロウィーンっぽくて他の季節に合わなくなってしまいそうだったので、内側です。中が派手な箱になりました。

先生の作られたお見本は青紫色、他の生徒さんのはピンクに黄色にブルーとみんな色も柄も違う布で、出来上がったイメージが全然違いました。

レッスンと前の用との間に少し時間があり、急に思い立って、彼岸花を見て来ました(*^。^*)。
お友達のブログで拝見した彼岸花の名所になっているお寺、宝蔵院が、そんなに遠くない場所だったのを覚えていて、携帯で場所を探して訪ねました(#^.^#)。(kirafuneさん、ありがとうございます<m(__)m>

20101002_p1060662 20101002_p1060673

今年は猛暑の影響で花が遅れているそうで、まだ蕾もありましたが、ひっそりしたお寺の境内あちこちに、赤い花が揺れていました。
葉っぱがなく、不吉なほど麗しいこのお花には、古びたお寺の風情が似合いますね。

20101002_p1060664 20101002_p1060655

小さなお寺ですのに、大きなカメラバックをさげたカメラマンさんがたくさん来ていてびっくりでした(^^ゞ。三脚でお花を傷つけないで、という貼り紙と立ち入り禁止の縄に、コンデジのうさみも夢中になり過ぎないよう気をつけなくちゃ、と思ったのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年10月 1日 (金)

とらやとマカロン

虎屋さんのマカロンを買って来ました(^○^)。

20101001_p1060646虎屋さんは和菓子屋さんなのにマカロン?マカロンそっくりな練り切り?・・・いえいえ、虎屋とフランス菓子のマカロンには、ちゃんと関連があったのです(*^。^*)。

虎屋には花の都、巴里にもお店があったのですね~。それも今年で開店30周年になるんだそうです(お店のサイトの読み物、パリ店30周年の歩みは、プロジェクトXを地で行っていてわくわくでした(#^.^#)。
和菓子と日本茶がいただけるサロン・ド・テ併設のお店なんだそうですよ。

甘い物好きパリっ子には、どっしりあまーい羊羹が受けるんじゃないかと思いましたが、生菓子は売れても、羊羹は黒い石鹸だと言われてなかなか売れなかったとか・・・(^_^;)。羊羹ってうさみには小豆色(=紫色)ですが、原料を知らずに見れば黒、なんでしょうね。

TORAYA Paris30周年の「とらやパリ祭」を記念して、新しいお菓子と、パリ店オリジナルのお菓子が日本でも売り出されています。20101001_p1060650
チョコレート羊羹にアールグレイ饅頭、マカロン等。
羊羹とチョコの組み合わせも合いそうで合わなそうで気になることはなりますが(^^ゞ、まずはマカロンを賞味しなくては~。

お店には、抹茶小倉きなこ黒ごま4種類があるそうですが、今日はTORAYAカフェの方に行ったので、置いてあったのはあんペーストを使ったマカロンでした。

マカロンは普通、パステルで可愛らしい色を揃えるものですが、こういう渋い色も、秋に似つかわしくて良いじゃありません(^○^)?
あんペーストは、普段からカフェで扱っている、あんこのジャムみたいなもの。こしあんマスカルポーネ抹茶の3種類では、マスカルポーネが一番マカロンには合ったかな・・・こしあんペーストもパンにつけるとすごく美味しいのですが、20101001_p1060647マカロンとは、うーん・・・?

マカロンを入れてくれた紙袋は、とらや巴里祭用の特別なものでした。漉いた和紙風で、フランス国旗の赤青が左右にはいったおシャレな袋です(*^。^*)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »