« かぼちゃと彼岸花 | トップページ | 国勢調査 »

2010年10月 3日 (日)

「モリオ」

荻上直子監督の「トイレット」、映画が気に入ったので原案小説モリオ」も読んでみました(#^.^#)。

映画でも小説でも、同じ雰囲気、うさみの好きなタイプの香りが漂っていました。
監督の作品にはよく“不思議な人”が出て来ます。はたから見るとフツーじゃない言動を起こす人たち・・・たとえ作品中で詳しく説明されなくても、作った側ではちゃんとその理由や背景を設定しているんですね。

うさみは小説でも映画でもそうですが、作った側も答えを持たないのではと疑いたくなる曖昧設定を出されるのが苦手です(^^ゞ・・・ラストシーンまで進んでも核となる設定が明かされないストーリーは、むずむずして、背中が掻きたいのに手が届かないようなもやもや気分になってしまうのです。
外から見て、説明のつかない感情、どうしてこんなことをしたのかわからない行動でも、実際は何かの理由やきっかけがあったんじゃないかと思うわけです・・・。ひとが作ったお話の世界においては、その理屈付けがされていて欲しい、全部を種明かししてくれなくても、ヒントくらい匂わせてくれていいでしょう?

ファンタジーやSFで、現実とはまったく違う世界を創造する時に、見えるところだけしか作って(考えて)いなくて、裏側は張りぼてで真白だったり、細部はごまかしてぼやんとしていたり、みたいなのも、お話に集中できません。重箱の隅をつつく嫌な読者かな(^_^;)・・・。

それはさておき、「モリオ」です(^○^)。

映画の主人公は、理系のアニメオタクな弟でしたが、小説は、ミシンで花柄スカートを縫うお兄さんのお話。お母さんの形見のミシンでスカートを縫う所だけが同じで、ひきこもりでもピアニストでもありません。
昔書いたこの小説のキャラクターを映画に出してみたのだそうです。

本筋とはそんなに関係ありませんが、気に入った一節・・・。

手芸店を探索していて気がついたことがある。時間をかけてじっくりといろんなものを見ていても、店員は絶対に話しかけてこない。もちろん、尋ねればいろいろ答えてくれるようだ。でも、こちらが尋ねない限り、いつまでもほっといてくれる。まるで本屋と同じだ。これは、かなり嬉しい発見だった。

そう、そうなんですよ~(^◇^)!

手芸屋さん本屋さんと同じで、店員さんが「いらっしゃいませ」以外の余計な声をかけてこないので、好きにぶらぶら出来るのです~。
こんなのを作りたくて、こういう材料ありますか、と相談すれば、一緒に探して選んでくれるし、作り方をアドバイスしてくれますが、無理に勧めたりはされません。ぐるぐる店内を回っているうち、つい長居をしてしまうのも本屋さんと同じですね(*^。^*)。

そして、うさみの好きな刺繍のことは、こんな素敵な文章で説明されていました。

刺繍は、信じられないような細かい作業で描いた絵画であり、ビーズは複雑極まりないフォルムで僕を魅了した。

|

« かぼちゃと彼岸花 | トップページ | 国勢調査 »

コメント

 映画も見たいし 本も読みたい
 お勧めの本で 楽しく遊んでいますよ。
 有川浩サンに はまっています。

投稿: 小紋 | 2010年10月 8日 (金) 17時45分

>小紋さん
どちらもおススメです~。本は2つ中編が入っていて、片方が愛猫が病気になる話なので、猫好きさんにはちょっと辛いかも(^^ゞ。
有川さん、大人気ですね。「図書館戦争」読んだ時はこんなに人気になるとは思わなかったなあ。

投稿: うさみ | 2010年10月10日 (日) 21時45分

うさみさん

おはようございます。
この映画、私も気になっています。TVでちらりと予告を見ただけなんですが、これは絶対見る!と勢いづいています。
私が好きな香りがします(笑)。

原作がある事は知りませんでした。となると・・・原作を先に読むべきか、迷います。
「ミシンで花柄スカートを縫うお兄さん」う~~ん、気になります。

「図書館戦争」!?
タイトルだけで書店に走りたくなりました。
有川浩さんの名前、しっかりインプットさせていただきました。

投稿: aosta | 2010年10月17日 (日) 06時06分

>aostaさん
この映画、万人に受けるとは思いませんが、私は気に入りました。「モリオ」は原案小説、となっていて、この小説のイメージを膨らませて映画のストーリーが作られたって感じです。
「図書館戦争」は検閲制がしかれて本を守るために図書館員が戦う、という設定が面白い小説でした。

投稿: うさみ | 2010年10月23日 (土) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/49614139

この記事へのトラックバック一覧です: 「モリオ」:

« かぼちゃと彼岸花 | トップページ | 国勢調査 »