« リベンジ夜景 | トップページ | 代官山でギャラリーと紅葉見物 »

2010年11月20日 (土)

クリスマスに絵本

ささやかなクリスマスのボランティアで、家族と離れて暮らすこどもにプレゼントを贈ることになりました。

相手は2歳の女の子だそうです。
希望の玩具と一緒に絵本をあげたいと思いましたが、普段子供に縁がないもので、2歳がどのくらいおおきいのか小さいのか、どんな遊びをしているのか、見当がつきません(^_^;)。字は自分で読めませんよね?

お子さんのいる方に、言葉のしゃべり具合は人によること、まだそれほど男女で好みの違いはないらしいこと、などを教えてもらいました。

それならば、どんな絵本がいいでしょう。
ストーリーが複雑でなく、絵だけでわかりやすいもの、楽しくて幸せなお話で、クリスマスにちなんだものがいいなあ、と思い、ネットで下調べをし、現物を見に本屋さんに向かいました。

棚を飾るあざやかなクリスマス絵本たちに、自分も欲しくなったりしましたが、プレゼント用はこれに決定・購入しました~。

ルララとトーララ クリスマスのプレゼント



うさみの好きなもの、うさぎ色彩、がダブルで出て来るお話だったので、これだ!と思いました(≧∇≦)。
この10 月に出版されたばかりで、持っている可能性が低いだろうこともポイントが高かったです。

2匹のうさぎがクリスマスプレゼントにサンタさんにお願いしたい「あったかくて、ふわふわのセーター」を何色にしようか考えるうち、空想の世界であちこち飛び回り、いろんな色に触れるというお話。
赤い夕陽青い海紫のすみれの花もみのきの緑・・・と虹の七色が出て来て、最後のページで望み通りの素敵なプレゼントをもらいます(#^.^#)。

ひとに本を贈るのって、相手の趣味を知っていても、既読かどうかわからなくて難しいものですが、こどもの絵本を選ぶのは、こちらも楽しくなる経験でした。

他に候補として考えていたのはこんな絵本でした(*^_^*)。

|

« リベンジ夜景 | トップページ | 代官山でギャラリーと紅葉見物 »

コメント

全然知らない子供に、こういうボランティアが出来るんですね。

海外の子供に、何とかペアレントとなって、その子供が学校を卒業するまで援助するような制度は、テレビで見たことがあります。

その2歳の子の名前とかどこの施設にいるとかは知らされないんですよね?

少しでも、その子に楽しんでもらえればいいですね。

投稿: White | 2010年11月20日 (土) 22時29分

 喜ばれるでしょうね。
 いいことなさいましたね。
 1歳5ヶ月の孫は シンデレラが お気に入りです。内容が わかってるかどうかは?ですが 自分に貰ったことは 知っているようです。昔人間なので よく昔話を買いますが 自分達が育ったときとは シンデレラも 最後が違ってるというか 本当は 最後はどうだったか 覚えてないというのが ただしいのかもしれませんね。 

投稿: 小紋 | 2010年11月21日 (日) 21時10分

>Whiteさん
少しでもクリスマスのいい思い出になればと思って参加しました。
自分自身は、クリスマスにもらったもの、って思い出せないです・・・(^_^;)。

>小紋さん
小さい子って好きな絵本を何回も読みますよね~。
昔話や名作もいいなーと思いましたが、もう持っているかどうかわからないので、今回は新しい本にしました。

投稿: うさみ | 2010年11月23日 (火) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/50071766

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスに絵本:

« リベンジ夜景 | トップページ | 代官山でギャラリーと紅葉見物 »