« しゃべるお父さん | トップページ | 卯年記念 »

2010年12月17日 (金)

没後120年ゴッホ展

没後120年 ゴッホ展 -こうして私はゴッホになった」を見て来ました(#^.^#)。

開催期間が長くまだ大丈夫と安心していましたが、ふと気付いたら、来週月曜日で終了です\(◎o◎)/! 金曜日の夜間開館に慌てて国立新美術館に走りました(^^ゞ。

20101217_p1070129

夜間開館の方が週末よりは空いているということでしたが、会期中の最後の金曜日でもあり、かなり混雑していました。ロッカールームがいっぱいで空きがないくらい・・・。コートとマフラーは預けて身軽に鑑賞したかったので、見終わったお客さんが戻ってくるのを待ってロッカーを確保しました。

ゴッホが好きな方が多いんだな、と思いましたが、絵に興味ないけれど場所と時間がちょうどいいから来た、と見受けるカップルや観光客もいました。
金曜日だけでなく、もっと平日の夜も開館して欲しいですよね~。せっかく開けるなら20時よりもうちょっと遅くまでだともっと嬉しいですし・・・その分必要になる係や警備員の方を新たに雇えば、雇用対策にもなるのに~と思いました(^^ゞ。

それと、夜間開館する日は、鑑賞後に入れるようにカフェの20101217_p1070133閉店時間を伸ばしてくれるといいな~(*^。^*)。
一番お高いレストラン(ポール・ボキューズ ミュゼ)は遅くまでやっているのですが、カフェは閉館時間と同時かそれより前に閉店しちゃうんですよね。見終わってから、地下のカフェで、昔懐かしい味のカレーが食べたかったのに、閉まっていました。1階のカフェはサンドイッチが売りきれでしたし・・・そのへん、サービスがまだまだ改善余地あるのは、国立だからでしょうかねえ(-_-;)。

それはとにかく、ゴッホです。
頑張って見に行く価値のある展覧会でした(^^♪。
タイトルの「こうして私はゴッホになった」の通り、ゴッホの画家としての歩みを、彼が師事したり、模写愛好した同時代の画家の絵と並べて辿る内容です。

ゴッホというと「黄色」、躍動・緊張・狂気の黄色、というイメージがあります。

今回の展覧会にも、「マルメロ・レモン・梨・葡萄」や「アルルの部屋」「アイリス」「種まく人」など黄色の絵がたくさんありましたが、それらを見ていくうち、ゴッホの芯にあったのは、黄色ではなかったのかもしれない、と感じました。
画布に塗られたのは黄色でも、頭の中にあって求めていたのは黄色の対である青、だったかもしれません。静寂と理性、安寧の青・・・。乞い求めるからこそ使えない色、というのもあると思うのです。

毎回展覧会では、うさみの気に入った絵の絵葉書が作られていない、という憂き目に合20101217_p1070134 いますが(-_-;)、今回もそうでした・・・。
ゴッホの作品との比較のために展示された他の画家の作品は、絵葉書がありませんでした。うさみの大好きなクールベがありましたのに~(@_@;)。

ゴッホの絵でも、花の静物画が絵葉書になっていませんでした。ヤグルマギクとケシの絵がとても気に入ったのですが・・・一緒に飾られていたラトゥールとラファエリの花と3点セットで欲しかったです。
ラトゥールの花は、暗闇で花にスポットライトが当たって浮き上がっている感じ、ラファエリは花瓶と花と背景が溶け込んでひとつな感じ、ゴッホはそこに花がある!という存在感で、いい対比でした。

絵葉書を少なくして、もっとお値段のはる展覧会限定グッズを買わせようという戦略なのでしょうかね(^^ゞ。絵葉書と別に、グッズはグッズで買うんですけど・・・。
今回は、画像に写っている、ヴァンホーテンのスペシャルパッケージのココア(出身地のオランダつながりでココア)と、サダハルアオキのマカロンラスク(アルルつながりでフランス菓子)を買いました(* ̄ー ̄*)。

|

« しゃべるお父さん | トップページ | 卯年記念 »

コメント

「アイリス」は私も大好きです。
本物を見ていらしたなんて羨ましい!
ゴッホが本当に使いたかった色は青ではなかったか、といううさみさんの洞察に共感します。私も「ゴッホの青」に魅かれます。
「星月夜」や「夜のカフェテラス」に描かれた空の深い深い青には、哀しみのように切迫したものを感じてしまいます。
もしかしたら御存知かもしれませんが、青と言えば、筑摩書房から「青の歴史」と言う本が出ています。ヨーロッパの社会の中で、青と言う色がどのように位置づけられてきたかを考察した本です。
かつて黄色は、卑しい色、異端の色とされていたこと、青もマイナス・イメージの色だったことなど、社会の変化とともに色の認識も変わっていったことなど興味深い内容の本でした。

ヴァンホーテンのココア、寒い晩に母が作ってくれた熱くて甘いあの味が忘れられません。小さなお鍋で丁寧にココアを練って、少しづつ牛乳を入れながら温めた母のココアの味は特別美味しかったように思います。

投稿: aosta | 2010年12月19日 (日) 05時52分

金曜日の夜は8時まで開いているんですね。
以前、喫茶店だったか電車に入ったり乗ってもコートとか何かを身から取るのは忘れ物をするので止めているとかの日記がありましたが、今回はロッカーに入れたんですか。
これならキーがあるので忘れずに帰れますよね。(笑)

絵葉書だ出てくるかなと思ったら、やはり出てきました。
希望のがなかったのが残念ですね。
買う人が少ないので、揃えるのに経費がいるのかも知れませんね、、、

ヴァンホーテンのスペシャル・パッケージは大きくして見るとドライ・フルーツかクッキーかなと思ったんですが、やはり名前からしてココアなんですね。

投稿: White | 2010年12月19日 (日) 09時52分

>aostaさん
ゴッホは浮世絵を愛したせいでしょうか、日本人の心に響くものがありますよね(#^.^#)。「星月夜」はニューヨークで本物を見て強烈な印象に残っています。
「青の歴史」読みました。青って人にとって特別な色なんですよね。
ココアという飲物には、何かほっとあったまるイメージがありますね。アイスココアもありますが、やっぱり湯気があの甘さには似合います(*^。^*)。

>Whiteさん
以前書いたことを覚えていてくださって恐縮です(^^ゞ。そう、忘れっぽいんですよ~、そして何かに熱中すると他がお留守になりやすいんです~。さすがにコートを着ないで帰ろうとしたら寒くて気付きますから大丈夫でしょう(^^ゞ。
ヴァンホーテンのココアは、普通に売っているココアと同じ大きさの箱です。

投稿: うさみ | 2010年12月19日 (日) 22時33分

 9月にここに行ったときに 予告の看板を見ました。パンフレットも貰いました。
 来年 大宰府の九州国立に 回ってくるようなので いけたらなあと思っています。

投稿: 小紋 | 2010年12月20日 (月) 19時44分

遅ればせながら・・・
私も18日にゴッホ展に行ってきました。会期末の土曜日ということで、とても混雑していました。皆さんの色についてのコメントを読んで、深い考えに納得しました。「ひまわり」に代表されるような黄色のインパクトは、心に残りますが、今回「自画像」「アイリス」等見ると、青が美しいと思いました。塗り込められた絵の具に何かゴッホの心のうずきを感じました。

投稿: ラル | 2010年12月22日 (水) 21時10分

>小紋さん
機会があればぜひいらして下さい。ゴッホの本拠地から相当いい絵がそろって来ていますよ~。見応えありです。

>ラルさん
私と1日違いでいらしたのですね(^○^)。相当混雑していましたでしょう。
1枚だけでなく、時代順に並べてみるからこそ感じるものってありますよね。

投稿: うさみ | 2010年12月23日 (木) 11時55分

うさみさん、こんにちわ。
ご無沙汰をしておりました。

このゴッホ展、明日から九州国立博物館で開催されるので、ちょうど楽しみにしておりました。

青色の話、大変興味深かったです。
僕も、“ゴッホ=黄色”というイメージでしたから、
うさみさんの青色の話、頷いてしまいました。
その答えを、来月見つけに行こうと思います。

今年もお世話になりました。
良いお年をお迎えください。

投稿: らすから | 2010年12月31日 (金) 17時05分

>らすからさん
お久しぶりです。今年もどうぞよろしくお願いします。
はい、ゴッホ展お勧めです~。きっと混むと思うので(^^ゞ、出来るだけ空いていそうな時間にゆっくり見ていらして下さい。

投稿: うさみ | 2011年1月 1日 (土) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/50335769

この記事へのトラックバック一覧です: 没後120年ゴッホ展:

» 「ゴッホ展」/国立新美術館 [京の昼寝〜♪]
ゴッホ展/国立新美術館nbsp;「こうして私はゴッホになった」 [続きを読む]

受信: 2011年1月 1日 (土) 09時37分

« しゃべるお父さん | トップページ | 卯年記念 »