2011年1月24日 (月)

黒いロッカー

退社時、ロッカーからコートを取り出して扉を閉めようとしたところ、視界を黒に占領され、あれっ!?と思いました(^_^;)。

ロッカーいっぱいにかかっていたほかの方々のコートとマフラーが、黒っぽいものばかりだったのです(^^ゞ。
あまりに黒ばかりなのが可笑しくて、パチリと一枚撮ってみました。

20110117_p1070454

黒のコートは、男女とも場を選ばず、着やすくて選ぶ方が多いのでしょうか。

うさみはパーソナルカラーを勉強してから、黒が必要とされる場面以外では黒は着ないというポリシー(・・・というほどたいした主張でもないのですけれど(^^ゞで、今は黒いコートは持っていません。

子供時代から今までの洋服遍歴をつらつらと振り返っても、黒いコートの記憶は2枚だけ、ワッペンがポイントで買ったスタジアムジャンパーと、軽くて便利とお店で勧められたナイロンのハーフコート。
着用度・活躍度からして、うさみお気に入りの座は獲得出来なかったようです(^○^)。
コートは面積が広いので、黒が圧迫感につながる気がしたのかもしれません。

今まで着たコートの色で、多かったのは臙脂赤でしょうか。
昔のコートで、もう着ないのに捨てられないお気に入りは、抹茶色です。

今日着ていたうさみのコートは辛子色、マフラーは熟した柿色でした。それほど派手な色ではありませんが、真っ黒の中に1枚だけあると、花のように光って見えるようでした(*^。^*)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

森なひと

最近職場で、女性の同僚二人から別々に

「うさみさん(のファッション)って森ガールだよね( ̄▽ ̄)。」

と言われました(^^ゞ。20101219_p1070147

今の部署は、いわゆるキャリアOL風ファッション(スーツやシャツにパンツなどシンプルでスポーティ系、色はメイン)の女性が多いので、柄もの好き有彩色のワードローブ、UGGのもこもこブーツで歩いているうさみは、ちょっと毛色が違うのでしょう(^_^;)。

→たとえばこんな柄(^○^)、一見花柄のようですが、よーく見ると(=^・・^=)がいま~す。

森ガールと呼ばれることに否やはありませんが、今時の流行にのっちゃって~と思われるのは心外です・・・。
うさみは「森ガール」のコンセプトが生まれるずっと前から、こういうファッション(柄もの、装飾的、重ね着、少女趣味、カラフルめ)だったのですから(^○^)。

昔も、「おとぎ話の登場人物みたいな格好」(民族衣装みたい、またはカントリー調、と言いたかったのかと・・・?)とか「アンナ・ミラーズの店員さんみたいな服」(あの超ミニスカートのことではなく、ストライプのちょうちん袖ブラウスのことです~)などと言われたことがあります。


かっちりしたスーツだって持っていますし、TPOにより着ることもあるのですが、制約のゆるい場では自分が着ていてより心地よいものを着たいと思います。
デザインに素材、色も、心に適うものを身にまといたいのです(*^。^*)。

「森ガール」という言葉が世間に浸透してきて、森ガールのイメージに、うさみの格好がかぶる部分が多いらしいです。
うさみが着ているのは、いわゆる森ガールブランドの服ではないので、全く同じ路線ではないのですが、そのへん興味の無い方にはわからないですよね~(^_^;)。

おばさんなのにいつまでも少女シュミな格好するのは如何なもの、と言われたら(表立ってそういう言い方をする人は今のところいませんが・・・(^^ゞ、少女の頃こういう格好に憧れていたのに出来なかったトラウマを解消しているんです、と開き直りましょう~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

バッグの呼び名

終業後のエレベーターで一緒になった、男女の会話が耳に入って来ました(^○^)。

「お疲れ様~。なーに、今日はこれからボウリング?」
「行かないよ。何でボウリング?」
「だって、ボウリングバッグ持ってるじゃない。」
「これ?ボウリング用バッグじゃないよ(`Д´)。普通のバッグだよ!」
「そういう形のバッグをボウリングバッグって呼ぶのよ。もうちょっと普通は小さいけど。今度彼女に聞いてみてよ。」
「何でこの形がボウリングなわけ?」
「さあ~?でもライダースジャケットだって、ライダーじゃない人が着てもライダースジャケットでしょ?」

ぷぷぷ(*≧m≦*)、うさみおばさんは、ワタシは壁と同化しています、お話を盗み聞いたりしてませんよーなポーズをとりつつ、かなり楽しくなっていました(^◇^)。

昭和のボウリングブームを知る世代なら、「ボウリングバッグ」と聞けばどんな形か頭に浮かびますよね?マイボウルを入れて持ち歩いたバッグですねー。重い球体を入れるので、まるっこくて持ち手のついた丈夫なバッグでした。
今でも売られていて、ボウル1個用から、ボウルと靴、ボウル2個・3個入るようなものまであるそうです。

最近女性が持っている、前から見ると半円形とカマボコ形20100814_p1060464の間くらいで、持ち手のつたボストンバッグが「ボウリングバッグ」とも呼ばれているんですね。
エレベーターの女性はそちらのつもりで話していたのでしょう。

そして、うさみには、男性の持っていたバッグは、ボウリングバッグよりも、これまた昔懐かしいマジソンバッグスポーツバッグ)に似ているなあと感じられたのでした(*^。^*)。

一時期(1868~1978発売だそうです)、かまぼこ型でビニール製、MADISON SQUARE GARDENのロゴが入ったブルーのバッグ、学生たちに爆発的に流行って猫も杓子も肩からかけてましたっけ~。

同じバッグでも、違う名前で呼んでみると、全く違うもののようですね(#^.^#)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

レスポはお好き?

先日、デパートで待ち合わせたうさみ母に聞かれました。

「今流行ってるビニールのバッグはここにも売ってるかしら?」
「・・・ひょっとしてレスポのこと?」
「名前は知らないけど、持ってる人がいっぱいいるでしょ?柄物で肩からかけて、丸っこいの。」
「ああ、やっぱりレスポね。欲しいの?」
「ちょっとしたお出掛け(=近所の買物以外の外出すべて)に便利だと思って。」

ナイロン製で、さまざまな大きさと形があり、毎月のように新柄が発表されるレスポレスポート・サック)、前は若い子の持つものでしたけれど、近頃は、おばちゃん・おばあちゃま世代も使っていらっしゃいますね(*^-^)。


出始めの頃は、ビニール製のくせに高い、と思っていましたが、カラフルで多彩な柄模様が色好き柄物好きうさみの心に徐々に忍び込み、使うようになりました(;´▽`A``。
それに同じ柄でポーチやバッグをお揃いに出来るのも好きなんですよね~。
ティッシュペーパーケースを始め、ポーチとバッグを何個か持っています。
会社持ちには合わないから、バッグは買わないようにしようと思っていても、かわいい柄があると欲しくなってしまいます。

うさみ母も街中などで見かけて欲しくなったらしいです。

その時の売り場には、うさみ母の欲しい形で気に入る柄のバッグがなく、どこかでいいの見かけたら買っておいて、柄は何でもいいから、と頼まれました。
何でもいい、というのは本当に何でもいいという意味ではなく、「自分の好みの範囲の中で」という注釈が隠れているのです。
関東のオバサンは、ぶりぶり少女趣味なカワイイ物の許容範囲は広いですが、派手な物やヒカリモノはNGです(^-^;。

地元ショッピングモールの夏物ラストセールで、レスポが割引になっていて、うさみ母希望の型のバッグもありました。20100807_p1060456

これならうさみ母が持っても派手過ぎない程度に可愛くていいだろうと思われる茶色のハート柄を買いました。
ちょうど今月にうさみ母の誕生日がありますので、これをプレゼントにしようっと( ̄▽ ̄)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

黒衣のひと

会社に、毎日毎日黒いスーツをお召しの女性がいらっしゃいます。
ボトムはスカートだったりパンツだったりしますが、毎日黒のスーツというところは変わりません。ひょっとして毎日同じ服(マイ制服(^○^)なのではという疑惑がわくほど、黒のスーツ以外はお召しになりません(^^ゞ。

前にも書いたことがありますが、うさみは「とりあえず黒」「無難だから黒」という洋服の選び方は寂しいと思います。
黒が大好きで黒を身に着けているとハッピー!、ならよいのです。20100724_p1060429
でも、いろいろ考えるのが面倒だから黒、黒を着ておけば間違いないだろうから黒、というのは、ご本人にとっても着られる服にとってもあまり幸せじゃない気がします(-_-;)。

会社のその女性の場合は、管理職でいらっしゃるので、きちんと感をかもし出し、”私は仕事が出来るビジネスウーマン”イメージを演出するのに、かっちりしたスーツがマストなのだとお察ししますが、色は黒以外もお召しになればいいのに、と毎日拝見しています(^^ゞ。

パーソナルカラーをかじった者からしますと、彼女は黒が一番映える肌色・肌質ではないと思われるのです。
黒だと、疲れて機嫌悪そうに見えているんですよね・・・。
冗談が好きなパキパキした方なのに、パッと見の印象が暗くてもったいないです。薄いラベンダーとか水色なんか着てみてもらいたいなあ(*^_^*)。
・・・ご当人には、余計なお世話でしょうけれども(;´▽`A``。

でも、一緒に働く人は若々しく健康的に見えた方が嬉しいですよね(*^。^*)?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

許容範囲

蒸し暑い夏の仕事服は、頭を悩ませるところです(^_^;)。
涼しさ・快適さを追求するあまり、それって働く場のマナー違反になっていませんか、おたくのオフィスではOKなんですか?という格好もたまにお見かけします(^○^)。

今朝は、マンションのエレベーターに、ステテコ&甚平、つっかけサンダルのおじさまが乗ってきました。お父さんはご出勤前にゴミだしですか、偉いですね~。

・・・ん!(・oノ)ノ!?20100617_p1060274

お父さんはゴミ袋でなく、黒のビジネスバッグをさげておいででした(@Д@;。
その格好でご出勤!?暑くてボーっとして、着替えるのを忘れてお家を出て来ちゃったんじゃ( ̄◆ ̄;)?
・・・ごく普通な態度でエレベーターを降りたお父さんは、駐車場に向かって歩いて行きました(^^ゞ。
あのスタイルでカー通勤して、会社でお着替えするらしいです・・・マイカー内はプライベートスペースですが、エレベーターは違いますよね、せめてステテコをバミューダパンツにしていただけませんでしょうか(^^ゞ。

また、先日電車で見かけたOLさんは、うさみにはどうしても寝巻きにしか見えないワンピースをお召しでした(@_@;)。

一応、Tシャツを下に着てらっしゃいましたけれど、タオル地のボーダー柄で、太い肩紐に胸元シャーリングというデザインは、100歩譲って寝巻きじゃないとしても、うさみならゴミ捨てより遠くまでは着て行かないだろうと思うものでした・・・。

続きを読む "許容範囲"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

夏のスカーフ

五月の終わりは、初夏のような暑さかと思えば、意外に風が冷たく、日陰はひんやりとしていたりします(^_^;)。

つい先日も、家を出てしばらく行ってから、ずいぶんと涼しいのに気付きました(^^ゞ。
もう1枚羽織るほどではありませんが、首に何か巻きたい感じです。大判ハンカチがあればスカーフ代わりになりますが、あいにくタオルハンカチしか持っていませんでした。

家に戻る時間がなかったので、駅前の大型スーパーで綿のスカーフを調達しました(^○^)。
インド製でお手頃価格でした♪。
20100530_p1050970
近頃は、夏でもスカーフを巻いている女性が多いですね(#^.^#)。
ひらひらふわふわチュニックに、ジーンズかスパッツ、チュニックの開いた首元にスカーフ、という格好のひとがごろごろしています。スカーフは、一巻きして両端を長く前に垂らしています。

あまりにも多くの人が同じ格好をしているのを見ると、うさみは右に倣えしたくないーというへそ曲がり根性がわいてきます(^_^;)。

そんな理由で、スカーフは、巻いてから絡めてみたり、蝶結びしてみたり、一巻きでなく二巻きしてみたりしています(*^_^*)。
冷房が寒い時は、幅をめいっぱい開いて肩に巻いたり、座った時に膝にかけたりも出来て便利です。急な雨には、頭からかぶって走ります(^○^)。

陽射しの強い午後に、スカーフを真知子巻きして帽子代わりにしていたら、変だからや20100517_p1050814 めたら、と妹に指摘されてしまいました(@_@;)。

お若い方は、真知子巻きってご存知ないでしょうか(^^ゞ?
昭和の人気映画「君の名は」のヒロイン、真知子さんのショールの巻き方で、ショールの片方を長めにして頭にかぶり、長い方で首をぐるっと巻くのです。

うさみ的には、避暑地のマダム風のつもりだったのですが、そうは見えなかったようです(^_^;)。きっと、岸恵子さん(映画で真知子役でした)がされれば、今でも素敵に見えるんでしょうね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

リバティプリント

花柄フェチなうさみは、リバティプリントが昔から大のお気に入りです(#^.^#)。



ロンドンのリバティ百貨店製でデザイン生産された、細かい花の全体柄がリバティ・プリント。純正リバティだけでなく、真似た花柄もそう呼ばれています。

このブログのトップ画像に使っているぬいぐるみのうさぎは、わかりにくいかと思いますが(^^ゞ、リバティ製です(^○^)。
耳の内側と足裏、首のリボンに、リバティのプリント柄が使われています。
購入時は、どの色柄がいいか、どの顔が可愛いか、懸命に見比べて選びました。

最近、イギリスの有名ブランドを集めたセレクトショップが青山に出来て、中にリバティファブリックのコンセプトショップが入ったと雑誌で読み、いつか行かねばと気になってい20100107_p1030713 ました。

今日行ってみた「ヴァルカナイズ・ロンドン」内のリバティショップは、ファブリックが色別に展示されて綺麗ではありましたが、品数はあまり多くありませんでした(^_^;)。
うさみの地元ショッピングモールの手芸店にも、同じくらいのリバティプリントが置いてあります・・・まあこちらはリバティデザインの国内生産もので、イギリス輸入ものとはデザイン(とお値段)が違うんですけど。

せっかく行ったので、店内を一周して、カフェでお茶を飲んで来ました。20100107_p1030709

→ お茶もスコーンもオーガニックだそうです。

ターンブル&アッサー、グローブトロッター、ペンハリガンズ、モルトン・ブラウン、フォックス、イーリー・キシモト、スマイソン、ジョン・スメドレー・・・錚々たる英国ブランドが揃っていますが、お値段もそれなりのものばかりですし、ここ以外では売っていない商品はそんなに無いように思いました。
もっと安くてキッチュなイギリス製品も扱ってくれればいいのに~(^^ゞ。

リバティのポーチでもお土産に買おうかと思いましたが、どうしてもこれっ!と思う柄ではなかったのでやめました。20100107_p1030712

それに、この間雑誌のふろくでついてきた(というより、ポーチが欲しくて、雑誌を買いました(^○^)リバティの花柄ポーチがあったんでした(^^ゞ。
柄はとっても可愛くて、コストパフォーマンス的に満足です(*^。^*)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

冷やすの厳禁

12月も2週目に入り、冬本番の風情となって来ました。
地球温暖化で昔ほど気温が下がらないとは言っても、やはり真冬は冷え込みますね(-_-;)。20091208_p1030365

うさみは冷え性歴うん十年、冷え取りのいい方法をあれこれ模索しています。



一番冷やしてはいけない下半身・足元は、年中、厳重な重ね履きでぽかぽかです(^O^)。腹巻、靴下、レッグウオーマーが手放せません。

上半身はもこもこのダウンジャケットを着込んで、足元はスカスカ寒そうなお嬢さんを街で見かけると、あらあら、それじゃいけませんよ、今は良くてもトシ取ってから来ちゃうからね~、と声をかけたくなります(^^ゞ。
最近はレッグファッションが流行りで、割と足元も暖かそうなお嬢さんが多いですが、たまにミニスカート+レギンスで、レギンスの足元が素足、という女性もいます。レギンスから出る足首こそあっためないといけないのに~、自分では冷えを感じていないんでしょうけど、冷えてるんですよ~、そしてその冷えは知らぬ間に蓄積されて行くのじゃ~(@Д@;。

三つの首」は、冷やしてはいけないと言いますね、足首手首

寒さが厳しくなって来たこの頃、うさみは手首から肘にかけてに冷えを感じます(>_<)。
首と足首はもれなく温めているので、残りの手首から冷えが侵入しようとしているんでしょう・・・。袖口が開いて風が入ってくる場所なんですね。
手が寒いなーという時は、短めのレッグウォーマーを腕に巻いています。腕用に「アームウォーマー」として作られたものだと、指を通す穴があいていて、親指のところで止まるのですが、レッグウォーマーでもそれほど問題なく使えます(^^ゞ。



室内でも戸外でも、首元がスースーするかな(@_@;)、という時は、首の後ろ(素肌と洋服か肌着の間)にティッシュペーパーを数枚広げて入れるといいと、鍼の先生に教えてもらいました。
これだけで、結構あったかいですよ(#^.^#)。すっかりティッシュのことを忘れていて、帰宅して着替える時にぽとっと白いものが落ちて来て、何これ?ってことがよくあります(^○^)。

暖房や運動で汗をかいてしまったけれどすぐには着替えられない、という時も、背中にティッシュペーパーを突っ込んでおくと、汗で濡れて寒くならないですみます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

最近のファッションチェックで

街に出ると、道行くひとのファッションチェックをするのは、カラーの勉強を兼ねたうさみの趣味と言えましょう(^○^)。
こっそり撮影したりはしてませんので、ご安心をば・・・(^_^;)。あくまで心のアルバムにファイリングしております。20091113_p1030196

→ 今年の銀座ミキモト、クリスマスツリー

最近、うさみファッションチェックにひっかかったのは、スカート男子と、年齢ギャップ30歳おばさんでした(^^ゞ。

スカート男子」の存在は、ネットや雑誌で知っていましたが、実物を間近に拝見したのは初めてでした。
”女装”ではなくて、あくまで男子のファッションのひとつとしてスカートをはくオシャレ男子なんだそうです。

うさみが見かけたスカート男子さんも、まあまあイケメンで(#^.^#)、膝丈くらいのAラインスカートにロングブーツを合わせ、スコットランドのタータンキルトみたいに着こなしていて、さほど男子スカートの違和感はありませんでした
でも、どういうお仕事なのかしら、フツーのサラリーマンじゃないよね、アパレル系?などと、ついつい視線が追ってしまいました・・・。

似合っていれば問題は無いですね~、あまりキレイじゃない脚をさらされたら気になるかな~(^^ゞ。

続きを読む "最近のファッションチェックで"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧