2011年5月22日 (日)

きいろ・みずいろ

震災の後、いつも暗め色の服をお召しの女性が、鮮やかな山吹色のブラウスで出社されたことがありました。

「○○さん、黄色を着てらっしゃるの珍しいですね、ぱっとした色ですね。」
と声をかけられて、

「地震でみんな気分がふさいじゃってるでしょ。せめて明るい色の服がいいなと思ったんだけど、手持ちの服は暗い色ばっかりだったから、黄色のブラウス買ってみたの(* ̄ー ̄*)。」
と答えていらっしゃいました。20110514_p1070878

無彩色のオフィスを黄色い点がくるくる動くのが、とっても目立って春めいたそよ風が流れるようでした。
オフィスは壁や床、什器の色を変えることが出来ず、季節感も感情も無い場所だと思っていましたが、そこにいる人が身にまとう色を変えることで雰囲気を変えることは可能なのですね。色のちからを感じた出来事でした。

その方にならって、ここ最近は、自分の気持ちを明るくしてくれるような色を思い浮かべたり、身につけたりするようにしています。

今のうさみの心もよう色は、みずいろです。
みずいろ、流れる水の色は、つまったもの・滞った状況を流し、動かしてくれる色だとか。
そんな色に魅かれます。

20110514_p1070897

水色の石(ぶどう石、というんだそうです)を選んで、ブレスレットにしてもらいました。
効果はよくわかりませんが、気持ち的には、不要なものはうさみの元に止まらない、必要なものだけとりいれよう、という感じです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

線の内側に色を塗るひと

先日記事にした星占いのアプリで、ある日の占いに

牡牛座のあなたはColor inside the lines”しない人を苦手にする傾向があるので・・・」という文が出て来ました。

Color inside the lines・・・ひとつひとつの単語は知っていますが、成句の意味がわかりません(?_?)。
文字通りだと、「線の内側を彩色する」ですが・・・?



色好きうさみとしてはCOLORが入っている言葉は気になります。英和辞典と英英辞典をひいてみましたが、のっていません(>_<)。
おかしいな~、よっぽど新しい言葉か専門用語?軽めの占いサイトでそんな難しい言葉は使わないと思うんだけどなあ・・・(^_^;)。
こういう時はインターネット、と検索してみたらすぐに出て来ました~(^○^)。

口語のイディオムで、ぬりえから来ているのだそうです。
ぬりえの絵は線で形作られていて、線で囲まれた内側に色をつけていきます。線からはみ出ると、綺麗な絵になりません。
そこから、

線の内側に色を塗る」→物事を無難にこなす・リスクを取らない
線の内側に色を塗らない」→既存の決まりに従わない・決められた筋道に沿って考えない、という意味で使われるのだそうです。
その場によって、いい意味と悪い意味と両方に使うのだとか。

面白い言い回しですね~( ̄▽ ̄)。
その昔、ぬりえが大好きだったこどもうさみに、ぬりえは自分で描かないから想像力が育たない、ぬりえばっかりやっていたらダメよと近所のおばさんがお小言をくれたのを思い出しました・・・あれはぬり方がどうこうという芸術的意味より、ぬりえは漫画の仲間で教育上よろしくない、みたいな意見だったようですが・・・(^^ゞ。



そうですねえ、どちらかと言えば、うさみは線の内側を嬉々として塗る人です(*^。^*)。
大雑把で結果的に線からはみ出しちゃうのはアリなのですが、最初から外側を塗ろうという考えは浮かびません。
自分では外側を塗らなくても、外側を塗る人を理解しようとする気持ちは持っていたいです(*^_^*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

緑の新幹線

うさみは鉄子(鉄道おたく女子)ではありませんが(^^ゞ、鉄道にはロマンを感じます(*^。^*)。
ずっと続く線路の先に何があるのだろう、というわくわく感がありますし、旅は飲み食いしながら車窓の眺めを楽しめる鉄道の旅が一番です(^○^)。

JRの宣伝ポスターは、いつも日本各地への旅心をかきたてられる美しい写真を使っていますが(特に春先の桜シリーズ!)、最近駅および車内に登場したこのポスターには、鉄道への親近感とノスタルジーを覚えました。

20110130_p1070464

この新しい東北新幹線はやぶさ」のキャンペーンポスターは、遠くから見ていた時は、ただの電車と背景と見過ごしそうでしたが、近寄って見て、ほおっとうならされました(^◇^)。
(うさみの写真ではよくわからないかと思います・・・ちゃんとご覧になりたい方は、JRのサイトでどうぞ<m(__)m>

左から右に走る線路は、日本の時間軸をたどっているのです。20110128_p1070458
蒸気機関車に始まって、特急電車、白くて丸い新幹線・・・と徐々に新しい車両にバトンタッチされていき、一番右にいるのがはやぶさ。

そして車両の後ろに見えている景色は、その車両が登場した頃に建てられて時代を象徴する建築物だったものです。
新幹線開業は、東京タワーと国立代々木競技場(東京オリンピック)と同時代、高層ビルのさきがけ霞ヶ関ビルが出来たのもその頃。バブルの塔と都民に不評だった都庁舎は20世紀の最後に完成、六本木ヒルズは7年前、最新のはやぶさと同時代を誇るのは東京スカイツリー。
(説明は特に書いていないので、若者だとわからないかもしれません(^^ゞ。おばさんは同時代を体験しているもので・・・(^_^;)

最初の新幹線ってそんなに昔じゃなかった(1964)のに、今じゃ青森まで3時間でいけるようになって、日本の技術の進歩ってホントに凄い、しみじみ、日本人頑張ってるよね、うんうん!な気持ちになりました(^○^)。
ポスターのコピーも、元気の無いニッポンへの応援歌になっています。

続きを読む "緑の新幹線"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

黒いロッカー

退社時、ロッカーからコートを取り出して扉を閉めようとしたところ、視界を黒に占領され、あれっ!?と思いました(^_^;)。

ロッカーいっぱいにかかっていたほかの方々のコートとマフラーが、黒っぽいものばかりだったのです(^^ゞ。
あまりに黒ばかりなのが可笑しくて、パチリと一枚撮ってみました。

20110117_p1070454

黒のコートは、男女とも場を選ばず、着やすくて選ぶ方が多いのでしょうか。

うさみはパーソナルカラーを勉強してから、黒が必要とされる場面以外では黒は着ないというポリシー(・・・というほどたいした主張でもないのですけれど(^^ゞで、今は黒いコートは持っていません。

子供時代から今までの洋服遍歴をつらつらと振り返っても、黒いコートの記憶は2枚だけ、ワッペンがポイントで買ったスタジアムジャンパーと、軽くて便利とお店で勧められたナイロンのハーフコート。
着用度・活躍度からして、うさみお気に入りの座は獲得出来なかったようです(^○^)。
コートは面積が広いので、黒が圧迫感につながる気がしたのかもしれません。

今まで着たコートの色で、多かったのは臙脂赤でしょうか。
昔のコートで、もう着ないのに捨てられないお気に入りは、抹茶色です。

今日着ていたうさみのコートは辛子色、マフラーは熟した柿色でした。それほど派手な色ではありませんが、真っ黒の中に1枚だけあると、花のように光って見えるようでした(*^。^*)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

赤い色で名前を書かない

韓国の人類学者さんが、外国人からよく聞かれる質問の形で、韓国人の文化や風習、歴史などについて説明した新書、「韓国人の作法」を読んでいたら、こんな文章が出て来ました。



韓国人がふだん赤い色で名前を書かない
のは、死んだ人の名前を赤い色で書くからである。棺の上にかぶせる布の上に亡者の名前が赤い色で書かれる。亡くなった人の戸籍には赤い線が引かれ・・・(略)・・・名前と関連した赤い色は死を意味するもので、生きている人の名前を赤い色で書くということは呪詛なのである。


この間、会社で同僚が赤いボールペンで署名しているのを見て、うーん?と感じたのを思い出しました( ̄Д ̄;;。

うさみも赤で名前を書くことに、気持ち的な抵抗があります(^^ゞ。
人様の名前を書く場合に赤は使わないし、自分の名前でも赤ペンしかなくてどうしてもというのでなければ使わないと思います。

祖母にだったか、母にだったか忘れましたが、子供の頃、赤でひとの名前は書いちゃダメ、と言われました。そもそも赤は添削以外、字を書くのに使うものではないと。
理由は、縁起が悪いとか失礼だとかそんなことだったように思います。

以後、それを不思議に思うことも無く日本人の常識かと従って来たのですが(^^ゞ、全く気にしない人もいるようです。赤ペンで名前を書いていた同僚は、うさみと同年代ですので、年齢の問題ではないらしいです。20101011_p1060731

日本人が赤で名前を書くのを避けるのは、お墓に生きている人の名前を入れる時(建立者の名前とか、生前戒名をいただいた場合とか)赤字にするからだという説が有力のようです。(他には果たし状の字が赤字だったからとか・・・)
韓国の風習と、現象的には違いますが、底に流れるものは同じでしょうか。

赤は血の色、太陽の色で命の根源につながる色なんですよね。それをむやみに使う事に対する忌避の気持ちは、一概に迷信とは言い切れないような気がします。
自分がどう思うかとは別に、そう感じる方も多くいることを知っておけば、無意識に人を不快にしなくてすむことでしょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

それは何色?

先日、会社のそばでとても可愛いトイプードルを見かけたことを、家に帰って妹すまっぺに話しました(#^.^#)。

「珍しい色ですっごく可愛いトイプードルを見たよ(≧∇≦)!あんな色のプードル、初めて見た!
薄いグレーピンクを混ぜた色なの(*≧m≦*)!!」

「・・・どんな色か全然わからない。」20101010_p1060717

「えーっとね、あ、今飲んでるココア、これを薄めた感じ!」
(画像アップしてから気付きましたが、パッケージは本物とだいぶ違ってました・・・もっとグレーっぽかったんです。)

「あー、チョコレートか。」

「チョコレートは焦げ茶でしょ!薄い色って言ってるのに・・・(≧ヘ≦)」

・・・かほど左様に、ひとに自分が見た色を正確に伝えることは難しいです(^^ゞ。

色彩をちょっとでも勉強した者として、色について語る時は、出来るだけわかりやすく誤解のないように、と考えます。
それで、○色に△色を混ぜた色、○色がかった△色で、薄い/濃い、等と言ってみるのですが、どうもこれは想像しにくいみたいです・・・。

色の名前で伝える、という手もあります。
上の例でしたら、”「セピア」か「茶鼠」色をしたトイプードル”と。
でもこれは、話している相手がこの言葉がどんな色か知らない、というリスクが付いて来ます(^_^;)。

また、ひとによって、同じ「茶色」と聞いて頭に思い浮かべる色の範囲がずれているので、それも色を伝えるには難しいところですが、とても興味深くもあります。

ひとりひとりが頭の中にカラーチャートを持っていて、色を見るとチャートのどこに分類さ20101002_p1060667れるか自動で仕分けして、「赤い花」とか「茶色の犬」と知覚するんですよね。「茶色の犬」と聞いた時はその逆に、頭の中のカラーチャートの「茶色」の範囲から、犬の体色としてあ るだろう色をひっぱってきて色づけする・・・その仕組みってすごいなあと思います(^◇^)。

なので、どなたかが会話の中で、品物や風景等の色についてコメントして下さると、その方のカラーチャートがちょっとかいま見えて、とっても楽しく嬉しくなるうさみです(#^.^#)。

「あのピンクのカーディガン・・・」・・・ほお、あれ、うさみ的にはオレンジなんだけど、ピンクなんですね。シャケの生はサーモンピンクで、焼いたらサーモンオレンジ、って感じかな(^○^)。
コバルトブルーの車・・・」・・・うさみ的にはグリーンかな?ブルーとグリーンの境目は難しいですね。日本人は、信号の緑を「青信号」って呼ぶくらいですし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

茶色の横顔

通勤電車で、扉のすぐ脇に立っていた男性の横顔に、思わず知らず見入ってしまいました(*^。^*)。

アジアとヨーロッパ両方の血が流れているお顔立ちは、混20100820_p1060488んだ東京の地下鉄などでなく、メソポタミアの遺跡に立つのがさぞぴったり来るだろうと思われました。ハリウッドのローマ時代映画に登場する皇帝の扮装も似合いそうです~(^○^)。

→ どよーんとあっつそうな東京景色・・・

その横顔が描く曲線の見事なことヽ(´▽`)/!
これだけ眉間がひっこんでいたら、眼鏡がしっかり留まってずり落ちたりしないんでしょうね(額と鼻の高さに差がないうさみは、よく眼鏡がずるっと滑ります(@_@;)。
こういうお顔は、正面より横から鑑賞するのが見応えがありますねえ。

もうひとつ見とれていたのは、お肌の色でした。
一言で何色、と述べるなら”茶色”になってしまいますが、もっと複雑な色なのです。似ている色のものを探すとしたら、ココアでしょうか。でも、ココアのような濁りはなく、”茶色”から連想する土の色とも違います。

何と何を混ぜたらこういう色になるのかなあ、と頭の中で仮想絵の具を混ぜて、目の端でこっそりお兄さんの肌の色と比べては考えることしばし・・・そうだ、これはが混じっているんだ!ちょっと涼しげで澄んだ感じは青がきいているのね~。

夏休みでこんがり日焼けした人がたくさんまわりにいますが、黄色人種の日本人は、おいしそうな焦げパン色にはなっても、こういう色にはならないようですね(^^ゞ。

辞書で「茶色」をひいてみたら、日本語の「茶色」は「黒味を帯びた赤黄色」(@広辞苑)で、英英辞書の”brown”には、「黄色を混ぜて出来る色で、暗い森や豊かな土の色」という意味がのっていました。
さらに、英和辞書のbrownの説明には、「「茶色」だけでなく黄色からに近い色までを含む」とありました

日本語の茶色と英語のbrownの示す色の違いと、ひとの肌の色は関係あるのかもしれないなあと思った朝でした(*^。^*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

黒衣のひと

会社に、毎日毎日黒いスーツをお召しの女性がいらっしゃいます。
ボトムはスカートだったりパンツだったりしますが、毎日黒のスーツというところは変わりません。ひょっとして毎日同じ服(マイ制服(^○^)なのではという疑惑がわくほど、黒のスーツ以外はお召しになりません(^^ゞ。

前にも書いたことがありますが、うさみは「とりあえず黒」「無難だから黒」という洋服の選び方は寂しいと思います。
黒が大好きで黒を身に着けているとハッピー!、ならよいのです。20100724_p1060429
でも、いろいろ考えるのが面倒だから黒、黒を着ておけば間違いないだろうから黒、というのは、ご本人にとっても着られる服にとってもあまり幸せじゃない気がします(-_-;)。

会社のその女性の場合は、管理職でいらっしゃるので、きちんと感をかもし出し、”私は仕事が出来るビジネスウーマン”イメージを演出するのに、かっちりしたスーツがマストなのだとお察ししますが、色は黒以外もお召しになればいいのに、と毎日拝見しています(^^ゞ。

パーソナルカラーをかじった者からしますと、彼女は黒が一番映える肌色・肌質ではないと思われるのです。
黒だと、疲れて機嫌悪そうに見えているんですよね・・・。
冗談が好きなパキパキした方なのに、パッと見の印象が暗くてもったいないです。薄いラベンダーとか水色なんか着てみてもらいたいなあ(*^_^*)。
・・・ご当人には、余計なお世話でしょうけれども(;´▽`A``。

でも、一緒に働く人は若々しく健康的に見えた方が嬉しいですよね(*^。^*)?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

「ピンクがすきってきめないで」

絵本を選ぶ時は、絵がうさみ好みかどうかが決め手です(#^.^#)。
この絵本は、珍しく、タイトルとお話の内容で興味を持って買いました(つまり、絵はあまりうさみ好みとは言えません(^^ゞ。

ピンクがすきってきめないで



わたしは黒がすき
ふつう、女の子はピンクがすきだけど、
わたしには、うんざりなの・・・・・。20100515_p1050764


で始まるフランスの女の子のお話です(^○^)。

この女の子は、ピンクもきらきらもひらひらも嫌いで、黒と虫と恐竜とクレーンが大好き。
そういうのは女の子らしくない、男の子顔負けね、と言われて、何が好きだって自分は女の子、好きなものをきめつけないで、と反論しています。

年齢は小学校の低学年くらいでしょうか、この年頃で、きっちり理由立てて自分の個性を主張して認めてもらおうとするところが、さすが個人主20100515_p1050762 義のフランス人、と感心しました(^^ゞ。

最近、街中で出会う日本の女の子たちは、ピンクの服を着ていたり、ピンクの小物を持っていることが多い感じがします。

ピンクが好きで選んでいるのならよいのですが、女の子はピンクと大人に決められて、ピンク以外選べないなら、気の毒だと思います。
決められたこと、大人に刷り込まれたことに誰も何の疑問も抱かないとしたら、それはまた別の問題ですね・・・(-_-;)。

子供の頃は、女の子も男の子も、出来るだけたくさんの色に触れて、たくさんの色を知って、中から好きな色・似合う色を見つけていってくれるといいなあと思うのでした。
そして、ひとと違う事をおそれず、自分と違うひとを排除しないで欲しいです。大人にもなかなか実行が難しい事ではありますが・・・(^^ゞ。

ディック・ブルーナの「うさこちゃんとたれみみくん」にも、そのメッセージを感じました。



絵本から学ぶ
ことはたくさんあります(*^。^*)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

白に赤のイチゴ

赤白反転のイチゴを発売/英”という、ネットニュースのタイトルが目に入り、苺好きうさみはすぐにチェックしました(^○^)。



フツーの苺は、白い種、のところ、イギリスで発売された新しい苺”Pineberry”は、赤い種、なんだそうです。

ハイテク技術を駆使した遺伝子なんとか(^_^;)の新しい種類なのかと思いましたら、南アメリカの野生種を育てたものなんですって。
普通の苺より小さくて、1.5センチから2.3センチくらい、味は苺じゃなくてパイナップルみたいだとか(^○^)。

普通の苺は、赤く色づく前は白っぽいですよね。イチゴ本体が白いと、熟れていなくて固そうな感じがして、食欲をそそらないんじゃないかな~と思いました。

英語ニュースサイトにアップの写真がのっていました。

意外と美味しそうです( ̄▽ ̄)!

赤い種が、いいアクセントになっていて、青くて熟れていないようには見えません。
白に赤い水玉模様みたいで可愛いらしいです。
スイーツに使ったら、今までにない爽やかなものが出来そうです。

気になるお値段は、1パック(125グラム)で500円くらいだそうで、お高めではあります。

白に赤、って日本人には国旗と同じで身近に感じられますし、日本に持ってきたら売れるかもしれませんね(#^.^#)。
うさみも食べてみたいです~(^^♪。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧