« 宴の後 | トップページ | 夏の「オータム」 »

2006年8月 4日 (金)

似合う色と好きな色 ふたたび

今回のイベントでも、何人かのお客様から「似合う色って好きな色とは違うんでしょう?」と聞かれました。

「似合う色」には何だかあいまいなイメージがあるのでしょうね。

色の力はその方自身に働きかけるものと、その方の周りの方に働くものがあり、「好きな色」はその方にエネルギーや癒し、勇気をくれる色、「似合う色」は周りの方々にその方をよりよく見せて人間関係を円滑にしてくれる色、と考えたらどうかなと思っています。

好きな色を纏って幸せな気持ちになれるなら、どうしても他の色をお召し下さいと申し上げることはないのですが、他人が見てその方とマッチしていると思う色がどういう色なのか、ということは知っておかれてもいいのではないでしょうか。
大切な面接や会議の時、何年かぶりの同窓会など、その日お会いになる相手に少しでもいいイメージを与えたいと思う時に、思い出して使っていただけるような「お似合いの色」をご提案したいなあと思います。

|

« 宴の後 | トップページ | 夏の「オータム」 »

コメント

 このようなブログも開かれていた事を、不覚にも、今、知りました。
 お邪魔致します。

 まず、イベント開催、おめでとうございます。
 そして、お疲れ様でした。

 さて「似合う色と好きな色のギャップ」ですが、本当に、「正の字」を書きたいくらい皆さんに聞かれますね。
 
 私がパーソナルアドバイスをする時に申し上げるのは、「似合う色をまとい、好きな色は持って下さい」です。
 
 余程お嫌いな色でなければ・・・と言う大前提がありますが。

 そもそも「洋服と顔」は、着ている人よりも見ている人の方が断然ストレートに同時に目にするわけですよね。
 お客様は、大枚をハタイても(!)「似合う色を知りたかった」ワケですから、その恩恵に浴して頂き、「似合う色」で、より若々しく生き生きしたご自分の演出を♪とオススメします。

 一方「好きな色」の効用がご自身の「心地良さ」につながり、うさみさんがおっしゃっているように、「その方にエネルギーや癒し、勇気をくれる」ワケですから、ご自身の目に触れるところに置く事をオススメします。

 例えばお化粧ポーチやステーショナリーなど・・・

 バッグを開けて「うふっ♪」、お仕事しながら「うふっ♪」

 このオススメはかなり高い確率でご納得頂けますよ~ ♪

投稿: Miyabi | 2006年8月16日 (水) 07時30分

>Miyabiさん
ご来訪&素敵なコメントをありがとうございます。大いに参考にさせていただきます
それにしても、やはりどのカラーリストの方も飽きるほど聞かれている質問なのですね(^◇^)

投稿: うさみ | 2006年8月16日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/11268905

この記事へのトラックバック一覧です: 似合う色と好きな色 ふたたび:

» [ 心から信頼できる人間関係を築くために ] [【自分磨きで夢をかなえる☆前向きblog】Meglog]
サーカスのプログラムの1つに、「空中ブランコ」がありますよね。観ていてヒヤヒヤしますが、空中ブランコには、ちゃんとルールがあるって知っていますか?飛ぶ人は、ブランコから手を離した後、手を掴んでくれる人を信頼して、絶対に自分から手を掴みにいってはならな... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 08時34分

« 宴の後 | トップページ | 夏の「オータム」 »